HP LoadRunner 9.51 - 最初にお読みください

ソフトウェア・バージョン:9.51 / 2009 年 5 月(英語版)

このファイルでは,HP LoadRunner 9.51 および 9.50 に関する情報を提供します。バージョン 9.50 の詳細については,『HP LoadRunner 9.50 - 最初にお読みください』を参照してください。

新機能

バージョン 9.51 では,次の機能が強化され修正されています。これらの機能の詳細については,オンライン・マニュアルを参照してください。

Controller で SiteScope モニタ・エンジンを使用して,完全修飾ドメイン名または IP アドレスを指定すると,Controller は標準のグラフ測定値を表示できません。回避策:任意の追加測定値を手動で追加すると,すべての測定値が表示されます。あるいは,実際のマシン名のみ指定します(ドメインのサフィックスなし)。注:この制限事項を修正するパッチは SiteScope 側で提供される予定です。

インストールと設定情報

9.50 以降解決された問題

バージョン 9.51 では,9.50 で未解決だった次の問題が解決されました。

解決済みサービス・リクエスト

次のサービス・リクエストは,バージョン 9.51 または 9.50 で解決されました(表は,製品の領域ごとに並べています)。

SR 番号
製品領域
説明
3602277697
3603405254
2602325802
AJAX(Click & Script)
ajax_xxx ステップの記録中のスナップショット作成を無効にし,記録オプションを追加するように変更しました。
1600276804
AJAX(Click & Script)
DOM 要素の specified のサポートを追加しました。
1604480304
Analysis
テンプレートのバージョン 8.1 からバージョン 9.50 への変換の問題が解決されました。
3600671968
Analysis
Analysis HTML レポートが大量の測定値を持つグラフを表示しない問題が解決されました。
3600865073
Analysis
セッションごとのグラフの倍率設定の保存の問題が解決されました。
3601820837
Analysis
Analysis での特定の Word レポートの保存場所の問題が解決されました。
3604338154
Analysis
グラフの表示オプションのカスタム設定が保存されない Analysis テンプレートの問題が解決されました。
2216816717
Citrix
スナップショットが上書き/削除される問題が解決されました。
2602224308
Citrix
Citrix 記録中の Microsoft Direcct Draw エラーの問題が解決されました。
2603029078
Citrix
次の Citrix NFuser 記録の問題が解決されました:ctrx_nfuse_connect のURL に重複したポート番号が含まれていた問題。
2602027325
Citrix
次の Citrix NFuser 記録の問題が解決されました:
  • ctrx_nfuse_connect の不正な URL。
  • 記録されたスクリプトの,ctrx_nfuse_connect 以外の Citrix 関数の欠如。
3602845553
Citrix
次の Citrix NFuser 記録の問題が解決されました:
  • Citrix クライアントがクラッシュする結果となる,記録開始中の COM 初期化の不具合。
  • 解決方法の設定の実装の変更。
1577695453
1688923483
Citrix
再生中にクラッシュする結果となる,メモリ・オーバーランによるエラーの解決。
1M5U9
Citrix
BMP から PNG への変換,および接続タイムアウトの不正な処理によるエラーの解決。
3601447011
COM/DCOM
現在のレコードがそれぞれ EOF か BOF かのチェックのないレコード・セットで,MoveForward または MovePrevious 関数を呼び出す際に,失敗を繰り返す問題を解決。
2600424838
Controller
パーセント・モードを使用するシナリオを手動で保存する日本語環境の問題を解決。
3600938598
Controller
すべてのグループが選択解除されているときに,[グループ順のスケジュール]オプションが[シナリオ順のスケジュール]に戻るという Controller の問題を解決。
3601271997
Controller
コマンド・ラインからシナリオを実行する場合に,大量のトレース行が出力される問題を解決。
3602432161
Controller
ゴール指向シナリオで[ステップ アップ: X 秒ごとのヒット数]オプションを使用する問題を解決。
2601259432
3601833252
Controller
Controller シナリオでの並べ替えの問題を解決。
3605266306
Flex/AMF
flex_amf_call の再生中のクラッシュを解決。
3601673603
FTP
セキュア FTP でのファイルのアップロードの問題を解決。
1600870758
Java
長い文字列のパラメータ化の問題を解決。
2603221474
Java
パラメータ化を可能にするため Java NULL 値を解決。
4000071133
Java
lr.exit コマンドの使用による問題を解決。
3603832441
Media Player (MMS)
マルチキャスト・サポートの追加。
1602644948
MS Exchange (MAPI)
再生中に email アドレスが壊れる問題を解決。
3600515318
ODBC
不正な代入処理による再生のクラッシュを解決。
2602328931
Oracle(2-Tier)
Oracle Instant Client アプリケーションの記録中にクラッシュする問題を解決。
3601006388
Oracle(2-Tier)
日付形式の表現の問題を解決。
3601914554
Oracle(2-Tier)
次の UTF16 特有の問題を解決:ビジネス・データが,実際のデータの代わりに ??? として表示される。
1602064678
2215799441
Oracle(2-Tier)
特殊文字を使用する SQL 文の問題を解決。
3601460509
Oracle NCA
nca_flex_set_cell_data 関数の使用による再生の問題を解決。
3601571811
3602507531
Oracle NCA
編集項目のプロパティ 534 の代わりにプロパティ 202 を送信するフォーカス動作に関連するロジックを修正。
3601666669
Oracle NCA
nca_flex_set_cell_data_press_ok 関数を使用する再生の問題を解決。
3600440190
3602239254
Oracle NCA
nca_lov_retrieve_items を使用する再生の問題を解決。
1600959431
RDP
再生画面にときどき不正なイメージを表示する,画像同期の失敗ダイアログ・ボックスの問題を解決。
1601116290
RDP
RDP ソケットの受信バッファのサイズを制御する機能を追加。
1602037138
RDP
Microsoft Office PowerPoint 2007 の再生の問題を解決。
1721521423
RDP
複数の反復を実行するときに最初の反復の後,実行時ビューアがフリーズする問題を解決。
1601579249
VuGen
IDE アドインを使用して作成されたスクリプトを実行するときに,Load Generator へのアドインのインストールは不要。
1601484143
Web(Click and Script)
Click and Script の web_list で検証するときの,バージョン 9.0 での不具合を解決。
3603499009
Web(Click and Script)
EMBED 要素の定義は,non-containing から containing へ変更されました。
2602500292
Web (HTTP/HTML)
UTF-8 からローカル・マシン設定に HTTP 要求の Body を変換するときの問題を解決。
3601796054
Web (HTTP/HTML)
web_convert_param の入力パラメータの長さの問題を解決。
3602682144
Web (HTTP/HTML)
Internet Explorer 7 からプロキシ設定を取得するときの問題を解決。
3604659113
Web (HTTP/HTML)
lr_paramarr_random を使用する場合の問題を解決:関数は,パラメータを囲む左右の括弧に {} の代わりに <> または [] を使用する場合に正しく機能せずに失敗する。この場合,NULL が返される。
2602186050
3602168717
Web (HTTP/HTML)
テスト結果レポートで lr_xml_transform ステップを使用する場合の問題を解決。
3601190591
Web (HTTP/HTML)
PAC URL は小文字に変換されなくなりました。
2600394091
Winsock
英語以外のプラットフォームで比較がハングする問題を解決。


制限事項

回避策:Citrix サーバで,[スタート]メニュー>[設定]>[コントロール パネル]>[管理ツール]>[ターミナル サービスの設定]>[サーバー設定]>[ライセンス]を選択し,[接続ユーザー数]また[接続デバイス数]の設定を別の設定に変更します(たとえば,[接続ユーザー数]に設定されている場合,[接続デバイス数]というように逆に設定します)。

HP LoadRunner 9.50 ― 最初にお読みください

ソフトウェア・バージョン:9.50 / 2009 年 1 月(英語版)

このファイルでは,HP LoadRunner 9.50 に関する情報を提供します。

新機能

バージョン 9.50 では,次の機能が強化され修正されています。これらの機の詳細については,オンライン・マニュアルを参照してください。

主要な新機能

一般

VuGen の新機能

Controller の新機能

Analysis の新機能

既存プロトコルの強化

Citrix
Oracle(2-Tier)
Oracle NCA
Flex
RDP
Web サービス

LoadRunner の機能に関するビデオ

HP LoadRunner には,新機能について説明するビデオ・プレゼンテーションが含まれています。ビデオをご覧になるには,Camtasia(c) のコーデックをダウンロードする必要があります。Camtasia のコーデックをダウンロードするにはここをクリックしてください

最新バージョンの機能に関するビデオ

最新バージョンの新機能

サービス・レベル・アグリーメント

新しい SLA ウィザードを利用して,パフォーマンス測定値の目標やサービス・レベル・アグリーメント(SLA)を定義できます。シナリオを実行すると,LoadRunner はパフォーマンスに関連する情報を収集して格納します。実行の分析時に,Analysis はそのデータを SLA と比較し,定義されている測定値について SLA の状況を判定します。

Controller 9.1

Controller Classic Scheduler を使用すると,実世界のスケジュール・エミュレーション機能を使用せずに簡単なシナリオ・スケジュールを作成できます。ユーザは Controller のインタフェースから Classic Scheduler にアクセスでき,以前のバージョンで作業していたのと同じようにスケジューリング機能を使った作業を続けることができます。

VuGen 9.0 の新機能

VuGen 9.1 での新規プロトコル

LoadRunner 9.10 は,Flex 2.0 フレームワークと Flex プロトコルをサポートします。このテクノロジを使用して,LoadRunner は AMF3 を始めとする基底プロトコルの記録と再生を行います。これにより,完全な Flex アプリケーション(Flash コンポーネントを使用するアプリケーション)をテストできます。

プロトコル API と SDK 9.1

HP Performance Validation SDK(ソフトウェア開発キット)は,ユーザ定義のプロトコルを作成するツールを提供します。こうしたプロトコルを使用して,LoadRunner で以前サポートされていなかったアプリケーションを対象に負荷テストを記録したり実行したりできます。QME(Quality Management Extensibility プログラム)の一部として,SDK は LoadRunner を拡張し,ユーザ固有のパフォーマンス・テスト要件に合ったプロトコルの記録と再生を実現します。

VuGen 9.1 の既存のプロトコルの強化

インストールと設定情報

必須のソフトウェア

LoadRunner をインストールする前に特定のソフトウェアをインストールする必要があります。LoadRunner インストール・ウィザードを実行したとき,必須ソフトウェアがコンピュータにインストール済みでなければ,どのソフトウェアが不足しているかが検出され,それをインストールするかどうか確認を求められます。

次の必須ソフトウェアをインストールしておく必要があります。

動作環境

VuGen,Controller,および Analysis

次のに VuGen,Controller,Analysis をインストールするために必要な動作環境を示します。

プロセッサ
CPU の種類: Intel Core,Pentium,AMD,またはこれらと互換性のあるもの
速度:1 GHz 以上。2 GHz 以上を推奨
Pentium プロセッサの注意点:Intel Hyper-Threading テクノロジはサポートされていません。Hyper-Threading は,BIOS で無効にできます。詳細については,次の URL を参照してください。
オペレーティング・システム
サポートされている 32 ビット Windows オペレーティング・システム:
  • Windows Vista SP1
  • Windows XP Professional SP2 または SP3
  • Windows Server 2003 Standard Edition/Enterprise Edition SP2
  • Windows Server 2003 Standard Edition/Enterprise Edition R2 SP2
メモリ(RAM)
最小:512 MB
推奨:1 GB 以上
画面解像度
最小:1024 x 768
ブラウザ
  • Microsoft Internet Explorer 6.0 SP1 または SP2
  • Microsoft Internet Explorer 7.0
使用可能なハードディスク領域
最小:1.5 GB


 

Windows 用 Load Generator の動作環境

次の表に Windows マシンに Load Generator をインストールするために必要な動作環境を示します。

プロセッサ
CPU の種類: Intel Core,Pentium,AMD,またはこれらと互換性のあるもの
速度:1 GHz 以上。2 GHz 以上を推奨
Pentium プロセッサの注意点:Intel Hyper-Threading テクノロジはサポートされていません。Hyper-Threading は,BIOS で無効にできます。詳細については,次の URL を照してください。
オペレーティング・システム
サポートされている 32/64 ビット Windows オペレーティング・システム:
  • Windows Vista SP1
  • Windows XP Professional SP2 または SP3
  • Windows Server 2003 Standard Edition/Enterprise Edition SP2
  • Windows Server 2003 Standard Edition/Enterprise Edition R2 SP2
メモリ(RAM)
最小:1 GB
注:メモリはプロトコルの種類とテスト対象システムに依存し,大きく異なる可能性があります。
ブラウザ
  • Microsoft Internet Explorer 6.0 SP1 または SP2
  • Microsoft Internet Explorer 7.0
使用可能なハードディスク領域
最小:1 GB


 

UNIX 用 Load Generator の動作環境

次の表に UNIX マシンに Load Generator をインストールするために必要なメモリ要件を示します。

メモリ(RAM)
256 MB 以上。
注:メモリはプロトコルの種類とテスト対象システムに依存し,大きく異なる可能性があります。
使用可能なハードディスク領域
150 MB 以上。


次の表に UNIX Load Generator をインストールできる,サポートされているオペレーティング・システムを示します。

OS の種類
OS のバージョン
プラットフォーム
Sun Solaris
  • Solaris 9(2.9)
  • Solaris 10(2.10)
Sun UltraSPARC ベースのシステム
HP-UX
  • HP-UX 11i(11.11)
  • HP-UX 11iv2(11.23)
HP PA-RISC
IBM AIX
  • AIX 5.2
  • AIX 5.3
PowerPC
Red Hat Linux
  • Enterprise Linux 3.0
  • Enterprise Linux 4.0
  • Enterprise Linux 5.0
  • CPU の種類: Intel Core,Pentium,AMD,またはこれらと互換性のあるもの
  • 速度:1 GHz 以上。2 GHz 以上を推奨


 

製品の互換性

LoadRunner 9.50 は,次のバージョンの HP 製品と互換性があります。

インストール前の注意点と制限事項

Windows
UNIX
仮想環境でのインストール
Diagnostics for J2EE/.NET の要件
マルチ言語環境におけるコンテンツ・チェック

<LoadRunner>¥dat ディレクトリへコピーします。

Windows ファイアウォールに関する考慮事項

ほとんどの Windows 環境では,Windows ファイアウォールは標準設定で有効になっています。このファイアウォールは,いくつかの LoadRunner コンポーネント同士が通信することを許可しません。したがって,Windows ファイアウォールを無効にする必要があります。

注:Windows ファイアウォールを無効にすると,コンピュータのセキュリティのリスクが高くなります。

ファイアウォールの解除を必要とするプロセスごとに,ファイアウォールを解除するかどうかを尋ねるポップアップ・ウィンドウが表示されたときに,解除するボタンをクリックすることでプロセスのブロックを解除できます。また,[例外]タブで Windows ファイアウォールを手作業で調整して解除することもできます。

Oracle NCA Forms のサポート
WAN エミュレーション
HP Performance Validation SDK

制限事項

VuGen

一般
データ実行防止

データ実行防止(DEP)により,VuGen が記録を停止する場合があります。DEP は Windows XP SP2 および Windows Server 2003 SP1 で導入され,Windows Vista に搭載されています。

これらの環境で記録中に異常な動作が生じた場合は,DEP の設定を変更してください。

DEP 設定を変更するには,次の手順を実行します。

  1. スタート]メニューから[コントロール パネル]を開き,[システム]を選択して開きます。
  2. [詳細設定]タブで[パフォーマンス]セクションの[設定]ボタンをクリックします。
  3. [パフォーマンス オプション]の[データ実行防止]タブで,最初のオプションである[重要な Windows のプログラムおよびサービスについてのみ有効にする]を選択します。
  4. このオプションを変更することができない場合は[追加]をクリックしてください。クライアント・プログラム(IEXPLORE.EXE など)を参照します。

    これらのオプションがどちらも使用できない場合は,DEP を完全に無効にしてみてください。

    1. [コントロール パネル]で,[システム]セクションの下にある[詳細設定]タブをクリックします。
    2. 起動と回復]で[編集]をクリックします。
    3. NoExecute=OptOutNoExecute=AlwaysOff で置き換えます。
  5. OK]をクリックして設定を保存します。
  6. コンピュータを再起動します。

Controller

セキュア・チャネル
GUI Vuser
SiteScope

Analysis

WAN エミュレーション

Windows Vista の制限事項

マルチリンガル・サポート

プロトコル

Microsoft .NET
Citrix
Web (HTTP/HTML)
Click and Script(すべて)
Web(Click and Script)
AJAX(Click and Script)
SAP(Click and Script)
SAPGUI
Microsoft Remote Desktop Protocol(RDP)
LDAP(Listing Directory Service)
Media Player (MMS)

Media Player スクリプトが「Error -86801:Host access denied, <hostname> not available or missing.(エラー -86801:ホストのアクセスが拒否されました。<ホスト名>が使用できないか欠落しています。)」というエラーで失敗します。

回避策:mms_disable_host_check 関数をすべての Media Player スクリプトで呼び出します。

WAP
Web サービス

ドキュメント

この『最初にお読みください』の最初のページには,次の識別情報が掲載されています。

最新の更新を確認する,あるいは使用している文書が最新版であるかどうかを確認するには,次の URL を参照してください。

http://h20230.www2.hp.com/selfsolve/manuals

このサイトを使用するには,HP Passport に登録してサインインする必要があります。HP Passport ID の登録は,次の場所で行います。

http://h20229.www2.hp.com/passport-registration.html

または,HP Passport のログイン・ページで[New users - please register]リンクをクリックしてください。

適切な製品のサポート・サービスに登録すれば,最新版または新版を入手できます。詳細については,HP の担当窓口にお問い合わせください。

注:ファイルを PDF 形式(*.pdf)で表示するには,お使いのシステムに Adobe Acrobat Reader がインストールされている必要があります。Adobe Acrobat Reader は,www.adobe.com/jp/ からダウンロードできます。

 

User Interface Pack のインストール手順

Windows の日本語版では,Japanese User Interface Pack CD-ROM から User Interface Pack をインストールすることで,プログラムのユーザ・インタフェースおよびオンライン文書を日本語でご覧になれます。

注:User Interface Pack をインストールするには,LoadRunner DVD 内の HP LoadRunner プログラムと,HP LoadRunner Service Pack 1 をインストールする必要があります。

インストール手順:

  1. LoadRunner DVD の LoadRunner 9.50
  2. LoadRunner 9.50 上に LoadRunner 9.51 Service Pack
  3. LoadRunner 9.50 User Interface Pack

お使いのコンピュータに LoadRunner Japanese User Interface Pack をインストールするには,次の手順を実行してください。

  1. CD-ROM ドライブに Japanese User Interface Pack CD を挿入します。
    CD-ROM ドライブがネットワーク・コンピュータ上にある場合,ネットワーク・ドライブを割り当て,割り当てたネットワーク・パスを指定します。
  2. LoadRunner Japanese User Interface Pack ウィンドウが開きます。ネットワーク経由で接続されているドライブからインストールする場合は,割り当てられた CD-ROM のルート・フォルダにある setup.exe をダブルクリックします。
  3. LoadRunner User Interface Pack セットアップ・リンクをクリックします。インストール・プロセスが始まります。
  4. 画面に表示されている指示に従います。 Japanese User Interface Pack は,HP LoadRunner プログラムのインストールの際に指定した場所に自動的にインストールされます。

これで,Japanese User Interface Pack のインストールが完了します。

既知の問題点と制限事項

サポート

HP ソフトウェアのサポート Web サイトは,次の場所にあります。

http://www.hp.com/go/hpsoftwaresupport

この Web サイトでは,連絡先情報や,HP ソフトウェアが提供する製品,サービスおよびサポートの詳細を提供しています。

HP ソフトウェア・オンライン・サポートでは,セルフソルブ機能を提供しています。ビジネス管理に必要な対話型技術サポート・ツールにアクセスするための迅速かつ効率的な方法を提供します。サポート・サイトを利用することで,次のようなことができるメリットがあります。

サポート・リアのほとんどでは,HP Passport ユーザとして登録しサインインする必要があります。また多くの場合,サポート契約も必要です。アクセス・レベルの詳細については,次の URL を参照してください。

http://h20230.www2.hp.com/selfsolve/manuals

HP Passport ID の登録は,次の場所で行います。

http://h20229.www2.hp.com/passport-registration.html

 

法的通知

© Copyright 1993 - 2009 Mercury Interactive (Israel) Ltd.

 

本コンピュータ・ソフトウェアは,機密性があります。これらを所有,使用,または複製するには,HP からの有効なライセンスが必要です。FAR 12.211 および 12.212 に従って,商用コンピュータ ソフトウェア,コンピュータ ソフトウェアのドキュメント,および商用アイテムの技術データは,HP の標準商用ライセンス条件に基づいて米国政府にライセンスされています。

HP の製品およびサービスの保証は,かかる製品およびサービスに付属する明示的な保証の声明において定められている保証に限ります。本文書の内容は,追加の保証を構成するものではありません。HP は,本文書に技術的な間違いまたは編集上の間違い,あるいは欠落があった場合でも責任を負わないものとします。

本文書に含まれる情報は,事前の予告なく変更されることがあります。

 

サードパーティおよび/またはオープン・ソースの使用許諾契約の詳細については,製品のインストール・メディアに含まれている lrunner¥MSI¥dat¥copyright.txt を参照してください。

Java® は,Sun Microsystems, Inc. の米国商標です。

Microsoft® および Windows® は,Microsoft Corporation の米国登録商標です。

Oracle® はカリフォルニア州レッドウッド市の Oracle Corporation の米国登録商標です。

UNIX® は,The Open Group の登録商標です。

本書に関するご意見やご要望は SW-Doc@hp.com まで電子メールにてお送りください。


© Copyright 2009 Mercury Interactive (Israel) Ltd.