HP Network Node Manager i-series Software システムとデバイス対応マトリックス

ソフトウェア バージョン: 8.10

本ドキュメントでは、HP Network Node Manager i-series ソフトウェア バージョン 8.10 のシステム要件および対応デバイスについての概要を説明します。

システム要件とデバイス対応の最新の更新については、sg-pro-ovweb.austin.hp.com/nnm/NNM8.10/supportmatrixupdate.htm を参照してください。

本ドキュメントは、リリース ノートへの追加となるものです。インストールメディアのルート ディレクトリに、対応マトリックスsupportmatrix_ja.html) とリリース ノートreleasenotes_ja.html) が含まれています。

インストール ガイド
ハードウェアとソフトウェアの要件
    ハードウェア
        CPU、RAM、およびディスク容量の要件 / サポートされる最大の管理対象環境
    オペレーティング システム
        仮想メモリ/スワップ スペース
    データベース
    高可用性
    Web ブラウザ
    jboss メモリー サイズのチューニング
    国際化とローカライゼーションのサポート
その他の製品との統合および共存
    NNM i-series Smart Plug-ins
    共存
    統合
対応ネットワーク デバイス

インストールガイド

インストール前の要件、および NNM をインストールするための手順は、Adobe Acrobat (.pdf) 形式のインストール ガイドに記載してあります。ドキュメント ファイルは製品のインストールメディアに含まれています(install-guide_ja.pdf)。インストール後は、 NNM ユーザインタフェースでドキュメントを次のように検索できます。[ヘルプ] → [ドキュメントライブラリ] → [インストールガイド] を選択します。

ハードウェアとソフトウェアの要件

Network Node Manager をインストールする前に、システムが以下の最小要件を満たしていることを確認してください。

ハードウェア

CPU、RAM、およびディスク容量の要件 / サポートされる最大の管理対象環境

以下の 3 つの規模の管理対象ネットワーク環境とこれらの環境をサポートするためのハードウェア要件は、次のとおりです。これらの値は、およその値であり、HP でテストしたレベルを反映しています。特別に複雑な環境の場合には、以下の中・大規模層で示される、より強力なハードウェアを用意する必要があります。現在検出されているノード数とポーリングされるインタフェースは、NNMi の [ヘルプ → HP Network Node Manager i-series について] ダイアログに表示されます。大規模層よりも大きな管理対象環境は、HP の追加承認がないとサポートされません。

管理対象環境規模

NNM 最小ハードウェア システム要件

およその
管理対象
環境
分類
検出された
ノード
検出された
インタフェース
数*
ポーリングされた
インタフェース
数*
ポーリングされた
ノード
コンポーネント
の数
並行ユーザ
の数
CPU (64 ビット)
IPF
x86-64
AMD64
SPARC
RAM Java ヒープ サイズ
(
後述の「jboss メモリ サイズの調整」を参照)
アプリケーション インストール用の
ディスク容量
(<NnmInstallDir>)**
実行時のデータベースとデータ用のディスク容量
(<NnmDataDir>)***

最高 3 K

最高 120K

 

最高 10 K

最高 40K

最高 10

4 CPU コア
(x64 の場合 2.5GHz、
IPF または RISC の場合 1.4GHz)

4 GB

4 GB
(-Xmx4096m)

5 GB

60 GB

3 K ~ 8 K

最高 400K

最高 50K

最高 60K

最高 25

4 CPU コア
(x64 の場合 2.5GHz、
IPF または RISC の場合 1.4GHz)

16 GB

6 GB
(-Xmx6g)

5 GB

140 GB RAID 1+0 または 5/6、書き込みキャッシュ付き推奨
(4 ディスク)

8 K ~ 18 K

最高 900K

最高 70K

最高 80K

最高 40

8 CPU コア
(x64 の場合 2.5GHz、
IPF または RISC の場合 1.4GHz)

24 GB

10 GB
(-Xmx6g)

5 GB

300 GB RAID 1+0 または 5/6、書き込みキャッシュ付き推奨
(4 ディスク)

* 検出されたインタフェースの最大数はパフォーマンスには影響しません。影響するのは、データベースのサイズにだけです。パフォーマンスのモニタリングに影響するのは、状態ポーリングでのポーリングされるインタフェースの数だけです。「ポーリングされたインタフェース数」は、5 分間隔でポーリングされたインタフェースの数を示します。ポーリングされるオブジェクトの数は、[ヘルプ → HP Network Node Manager i-series について]の[モニタリング対象オブジェクト] の数を調べます。

** <NnmInstallDir> は、Windows でのインストールの間 (デフォルトでは、C:\Program Files (x86)\HP\HP BTO Software)に設定され、または UNIX では /opt/OV のシンボリックリンクを作成して設定されます。NNM 7.x をご使用の場合の注意:/etc/opt/OV は、UNIX では使用されていません

*** <NnmDataDir> は、Windows でのインストールの間 (デフォルトでは、C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\HP\HP BTO Software)に設定され、または UNIX では /var/opt/OV のシンボリックリンクを作成して設定されます。ディスク スペースは、埋め込まれた PostgreSQL を使用するときに予測されます。外部 Oracle データベースを使用する場合、10 ~ 20GB のみが NnmDataDir に必要です。

これらの推奨値は、デフォルト設定で実行中の NNMi にのみ適用されます。任意の NNM iSPI を実行する場合、必要なハードウェアを判断するために各 iSPI の対応マトリックスを見直してください。NNM iSPI は NNMi が必要な以外の追加ハードウェアを必要とする場合があります。追加のアプリケーションを実行する場合、適宜、リソースを増大してください。

UNIX プラットフォームで望ましいパーティション化

以下は、UNIX プラットフォームで望ましいパーティション化の方法です。大きなディスクの場合は、/var/opt/OV のサイズを大きくしてください。

オペレーティングシステム

仮想メモリ/スワップ スペース

高可用性

NNM は追加設定の特定の高可用性システムで動作できます。NNM を高可用性システムにインストールし、設定する方法については、活用ガイドを参照してください。NNMi でサポートされるオペレーティング システムでは、以下の構成がサポートされます。

データベース

NNM は、自動でインストールされる組み込みデータベースを使用して、または Oracle データベース内で、データを保存できます。インストール時に、Oracle をデータベースとして選択する必要があります。注意:組み込みデータベースと Oracle の間で移行することはできません。

Web ブラウザ

jboss メモリ サイズの調整

インストールの間、jboss アプリケーション サーバの推奨デフォルト メモリ サイズは ovjboss.jvm.properties で設定します。大規模環境の場合、CPU、RAM、およびディスク容量の要件で述べたように、この値を増大させるとパフォーマンスを向上できます。現在の最大試行可能メモリの値 (-Xmx で調整可能) とメモリ領域レポートは [ヘルプ] → [HP Network Node Manager i-series について] で NNM コンソールに表示できます。この -Xmx 値は物理 RAM の半分を超えないように設定するようお勧めします。この -Xmx 値は大きくしすぎないでください。大きくしすぎると、オペレーティング システムが jboss アクセス メモリを圧迫します。Java 5.0 JVM のチューニング方法については、java.sun.com/docs/hotspot/gc5.0/gc_tuning_5.html を参照してください。

NNMi は、操作中でも jboss メモリ領域の監視を継続します。jboss のメモリ リソースが少なくなると、コンソール最下部のサインオン ページのフォーム最上部にメッセージが表示されます。メモリ領域メッセージの例とその解決策は以下のとおりです。

jboss の Java 最大ヒープ サイズ (Xmx) または他の Java 仮想マシン パラメータを変更するには、以下のコマンドを実行します。

  1. ovstop c ovjboss
  2. ovjboss.jvm.properties ファイルを変更します。
  3. Java 最大ヒープ サイズを要求される容量に変更します。たとえば、ovjboss.jvm.properties ファイルのスニペットは、次のようになっています。
    #
    # JVM メモリのパラメータ
    # -Xms:Java の初期ヒープ サイズ
    # -Xmx:Java の最大ヒープ サイズ
    #
    -Xms128m
    -Xmx2048m
  4. ovstart –c ovjboss

国際化とローカライゼーションのサポート

NNM 8.10 は世界中に広まっており、オペレーティングシステムでサポートされている、英語以外のロケール設定のオペレーティングシステムでも使用できます。このロケールには、日本語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語、西ヨーロッパおよび中央ヨーロッパの言語、およびロシア語があります。

NNM は、日本語、簡体字中国語、韓国語にローカライズ (翻訳) されているため、ローカライズされたパッケージをインストールすると、日本語、簡体字中国語、韓国語の翻訳が表示 (出力) され、英語以外の入力も受け付けるようになります。他のロケールでは、英文文字列が表示されますが、入力は英語以外が可能です。

各オペレーティング システムでローカライズされた言語とサポートされているロケールは以下のとおりです。

オペレーティングシステム ローカライズされる言語
Japanese Korean 簡体字中国語

Windows

Japanese

Korean Chinese_PRC

HP-UX

ja_JP.SJIS
ja_JP.eucJP

ko_KR.eucKR zh_CN.hp15CN

Solaris

ja_JP.PCK
ja_JP.eucJP
ko zh

Linux

ja_JP ko_KR zh_CN

Internet Explorer を使って、アジア言語をサポートするように設定した NNMi サーバーへアクセスすることを計画している場合には、東アジア言語をインストールする必要があります。東アジア言語をインストールするには、以下の手順を実行します。

    1. コントロール パネルを開きます。
    2. [地域と言語のオプション] を選択します。
    3. [言語] タブを選択します。
    4. [Install files for East Asian Languages] を選択し、指示に従います。

その他の製品との統合および共存

NNM i-series Smart Plug-ins

NNMi 8.10 には、以下の Smart Plug-ins (iSPIs) を追加できます。

共存

以下の製品は、NNMi 8.10 と同じシステムに共存できることが試験済みです。

統合

次の製品は、NNMi 8.10 統合で利用できる追加機能を持っています。

対応ネットワーク デバイス

このデバイス対応情報は、発行の時点で HP に入手できた最新情報に基づいています。デバイスのベンダは、どの時点でもデバイスの MIB の使用状況を変更でき (たとえば、新規 IOS またはシステム ソフトウェアのバージョン)、そのデバイスの MIB データに関する NNM の解釈を無効にできます。デバイス対応マトリックスの最新の更新については、sg-pro-ovweb.austin.hp.com/nnm/NNM8.10/devicematrix.htm を参照してください。