HP Network Node Manager iSPI Performance for Quality Assurance システムおよびデバイスのサポート マトリックス

ソフトウェアバージョン: 9.10

発行日:2011 年 3 月

HP Network Node Manager iSPI Performance for Quality Assurance Software (NNM iSPI Performance for QA) バージョン 9.10 のシステム要件および対応デバイスについての概要を説明します。

本ドキュメントは、リリース ノートの増補を意図するものです。サポート マトリックス(nmQAispi_supportmatrix_ja.html) およびリリース ノート (nmQASPI_releasenotes_ja.html) はインストール メディアのルート ディレクトリにあります。

インストール ガイド

インストールの前提条件
ハードウェアとソフトウェアの要件
    ハードウェア
      CPU、RAM、およびディスク容量の要件/サポートされる最大の管理対象環境
   オペレーティング システム
        Windows
        HP-UX
        Linux
        Solaris
        仮想メモリ/スワップ容量

    データベース
    高可用性
    Web ブラウザ
    jboss メモリ サイズの調整
国際化およびローカライズのサポート

その他の製品との統合
対応ネットワーク デバイス

インストール ガイド

インストール前の要件、および NNM iSPI Performance for QA をインストールするための手順は、Adobe Acrobat (.pdf) 形式のインストール ガイドに記載されています。このドキュメント ファイルは製品のインストール メディアにnmQASPI_InstallGuide_ja.pdf.インストール後は、本ドキュメントには NNM iSPI Performance for QA ユーザー インタフェースから[ヘルプ]→[NNMi iSPI ドキュメンテーション ライブラリ] → [iSPI Performance for QA インストール ガイド] の順に選択してアクセスできます。

インストールの前提条件

NNM iSPI Performance for QA をインストールする前に、HP Network Node Manager i Software (NNMi) 9.10 をインストールしておく必要があります。

ハードウェアとソフトウェアの要件

NNM iSPI Performance for QA をインストールする前に、システムが次の最小要件を満たしていることを確認してください。

ハードウェア

CPU、RAM、およびディスク容量の要件 / サポートされる最大の管理対象環境

NNM iSPI Performance for QA がインストールされている NNMi 管理サーバー 1 台

シングル システム管理環境のサイズ

推奨されるハードウェア システム要件1

およその
管理対象
環境
分類

検出およびポーリングされた
QA プローブ 2

同時
ユーザー

CPU (64 ビット)
IPF
x86-64
AMD64
SPARC3

RAM

推奨 Java ヒープ サイズ3

アプリケーション
インストールのためのディスク容量
($NnmInstallDir)4

実行中のデータベースとデータ用のディスク容量
($NnmDataDir)5

エントリ

1600

2

2 CPU コア

2 GB

2 GB

2 GB

50 GB

30000
10
4 CPU コア
4 GB
4 GB
2 GB
300 GB
50000
20
8 CPU コア
8 GB
8 GB
2 GB
500 GB

これらの値は概略値で、HP がテストしたレベルを反映しています。現在検出されている QA プローブの数は、NNM iSPI Performance for QA の ["NNMiSPI 用のヘルプ] --> [QA SPIのシステム情報] ダイアログに表示されます。これらよりも大きな管理対象環境は、HP の追加承認がないとサポートされません。

1NNMi のハードウェア システム要件とは別に、この表は NNMi 管理サーバーにインストール NNM iSPI Performance for QA 製品の追加ハードウェア システム要件を指定します。
2 5% 以下のプローブが 1 分以下の頻度でポーリングします。最大 5000 個のプローブの送信元サイトと 5000 個のプローブの送信先を関連付けることができます
3 x64 に対して最小 2.5GHz および IPF または RISC に対して 1.4GHz
4 $NnmInstallDir は Windows (C:\Program Files (x86)\HP\HP BTO Software\ by default)または Unix ( /opt/OV/)のインストール中に設定されます。
5$NnmDataDirは、Windows Server 2008 (C:\ProgramData\HP\HP BTO Software\ by default)または UNIX (/var/opt/OV/)のインストール中に設定されます。この表のディスク容量は、データの保存期間を最長13か月と想定したものです。

これらの推奨値は、デフォルトの設定で実行中の NNM iSPI Performance for QA にのみ適用されます。他の設定で NNM iSPIs を実行しようとする場合は、それぞれの iSPI サポート マトリックスを確認してから必要なハードウェアを決定する必要があります。

Network Performance Server および NNMi を同じサーバー上にインストールするための CPU、RAM、およびディスク容量の要件については、『HP Network Performance Server Software システムとデバイス サポート マトリックス』を参照してください。

グローバル ネットワーク管理環境

グローバル ネットワーク管理環境のサイズ

推奨されるハードウェア システム要件1

およその
管理対象
環境
分類
リージョナル マネージャ数1 同時
ユーザー
CPU (64 ビット)
IPF
x86-64
AMD64
SPARC3
RAM 推奨 Java ヒープ サイズ(jboss メモリ サイズの調整を参照してください) アプリケーション インストール用の
ディスク容量
($NnmInstallDir)
実行中のデータベースとデータ用のディスク容量
($NnmDataDir)4

中規模グローバル マネージャ

最大 3 20 6 CPU コア 8 GB 8 GB 2 GB 1 TB

大規模グローバル マネージャ

最大 5 20 8 CPU コア 12 GB 12 GB 2 GB 2 TB

1NNMiのハードウェアシステム要件とは別に、この表ではGNM環境でNNMi管理サーバーにNNM iSPI Performance for QA製品をインストールするための追加のハードウェアシステム要件を示しています。

オペレーティング システム

Windows 

サポートされるバージョン

HP-UX

サポートされるバージョン

HP-UX 11i v3

Linux

サポートされるバージョン

Solaris

サポートされるバージョン

Oracle Solaris 10 SPARC

Intel アーキテクチャでは、Solaris はサポート対象外です。

インストールの前提条件の詳細については、『NNMi 9.10 サポート マトリックス』を参照してください。

仮想メモリ/スワップ容量

データベース

NNM iSPI Performance for QA では、NNMi 9.10 のインストール時に自動でインストールされる組み込みの PostgreSQL データベースまたは NNMi が使用する Oracle® データベースにデータを保存できます。NNM iSPI Performance for QA のインストール中に NNMi が使用するデータベース (PostgreSQL または Oracle) を選択する必要があります。インストール後は、データベース タイプ (PostgreSQL または Oracle) を変更できません。

注:インストール後は、組み込みデータベースと Oracle データベースの互いに変更することはできません。

高可用性

NNM iSPI Performance for QA は追加の設定で特定の高可用性システムで実行できます。NNM iSPI Performance for QA の高可用性システムへのインストールおよび設定方法については、『デプロイメント リファレンス』を参照してください。NNM iSPI Performance for QA 対応オペレーティング システムでは、次の構成がサポートされます。

Web ブラウザ

一般的な Web ブラウザの要件

リモート クライアント システムの実行でサポートされる Web ブラウザ (操作用)

Adobe Flash Player Plug-in

リアルタイム線グラフ ([アクション]  →  [グラフ]) およびSNMP MIBブラウザ ([ツール]  →  [MIBブラウザ]) はAdobe Flash Player Plug-inバージョン10.1.53.64以降が必要です。

jbossメモリサイズの調整

インストール時、JBossアプリケーションサーバーのデフォルトの最大メモリサイズは、ovjboss.jvmargsファイルで設定されます。大規模な展開環境でパフォーマンスを向上させるには、CPU、RAM、およびディスク容量の要件の説明に従ってこの値を増やすことをお勧めします。

MPLSに固有の5000 QAプローブごとに、qajbossについてjbossの最大Javaヒープサイズ (Xmx値) を500 MB単位で増やす必要があります。

50,000 QAプローブごとに、NNMi jbossの最大Javaヒープサイズ (Xmx値) を1 GB単位で増やす必要があります。

国際化およびローカライズのサポート

NNM iSPI Performance for QAは国際化されており、オペレーティングシステムがサポートする非アメリカ英語のロケールに設定されたオペレーティングシステムで使用できます。これらのロケールには、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語、西ヨーロッパおよび中央ヨーロッパ言語、およびロシア語などが含まれます。

Windowsシステムの場合、NNM iSPI Performance for QAでは、各国語の文字のディレクトリパスを使用したインストールはサポートされていません。$NnmInstallDirおよび$NnmDataDirのパス名に含めることができるのは、英文字のみです。

NNM iSPI Performance for QAは、日本語と簡体字中国語にローカライズ (翻訳) されています。このようなローカライズされたパッケージをインストールする場合、NNM iSPI Performance for QA では、(出力として) 日本語または簡体字中国語が表示され、入力として英語以外の文字を使用できます。他のすべてのロケールの場合、NNM iSPI Performance for QA では、入力として英語以外の文字を使用できますが、出力としては英語の文字列が表示されます。

次の表に、各オペレーティングシステムでローカライズされる言語とサポートされるロケールを示します。

オペレーティング システム

ローカライズされた言語

日本語

簡体字中国語

Windows

Japanese

Chinese_PRC

HP-UX

ja_JP.SJIS
ja_JP.eucJP

zh_CN.hp15CN

Linux

ja_JP

zh_CN

Solaris

ja_JP.PCK
ja_JP.eucJP

zh

 

Internet Explorerを使用して、アジア言語をサポートするよう設定されているNNMi管理サーバーにアクセスするには、次の手順で東アジア言語をインストールします。

1.     [コントロール パネル]で、[地域と言語]のオプションを選択します。

[言語]タブで、[東アジア言語のファイルをインストールする]を選択し、次の手順を実行します。

その他の製品との統合

次の製品では、NNM iSPI Performance for QA 9.10と統合することで追加の機能を提供します。

対応ネットワークデバイス

NNM iSPI Performance for QAでは、次のMIB仕様を満たすNNMi対応デバイスをサポートします。

注:Cisco IOS IP SLA のバージョンは、12.x 以降を推奨します。

この対応デバイス情報は、発行時点で HP から入手可能な最新情報に基づいています。デバイスのベンダによって、予告なくデバイスの MIB の使用方法が変更されたり (たとえば、新しい IOS またはシステム ソフトウェアのバージョンでの変更)、そのデバイスの MIB データに対する NNM iSPI Performance for QA の解釈を無効化したりすることがあるので注意してください。

HP ソフトウェア サポート

この Web サイトでは、連絡先情報、および HP ソフトウェアが提供している製品、サービス、サポートに関する詳細が記載されています。詳細については、次の HP ソフトウェア サポート Web サイトを参照してください。HP ソフトウェアサポートオンライン.

HP ソフトウェア サポートでは、お客様にセルフソルブ機能を提供しています。ビジネスを管理するのに必要な、インタラクティブな技術サポート ツールへ素早く効率的にアクセスできる手段を提供しています。お客様は次のことができます。

セルフソルブ技術情報データベースにアクセスするには、「セルフソルブ技術情報データベースを検索」のホーム ページにアクセスしてください。

注:大部分のサポートには、HP Passportへのユーザー登録とログインが必要です。さらに、大部分が有効なサポート契約を必要とします。サポートアクセスレベルに関する詳細は、次のページで確認してください。「アクセス レベル」

HP Passport IDに登録するには、次のサイトにアクセスしてください。「HP Passport Registration」

ご注意

保証

HP製品とサービスの保証は、当該製品、およびサービスに付随する明示的な保証文によってのみ規定されるものとします。ここでの記載で追加保証を意図するものは一切ありません。HPでは、ここに記載されている技術的、または編集上の不正確さや脱漏については責任を負いません。ここに記載されている情報は、予告なく変更されることがあります。

制限付き権利に関する通知

機密性のあるコンピュータソフトウェアです。これらを所有、使用、または複製するには、HPが提供する有効なライセンスが必要です。FAR 12.211 および 12.212に準拠し、商用コンピュータソフトウェア、コンピュータソフトウェアドキュメント、および商用アイテムの技術データは、ベンダーの標準商用ライセンスの下、米国政府にライセンスされています。

著作権に関する通知

©Copyright 2010-2011 Hewlett-Packard Development Company, L.P.

商標に関する通知

Acrobat®はAdobe Systems Incorporatedの商標です。

Google™は、Google Incの商標です。

DOM4J®は、MetaStuff, Ltd.の登録商標です。

HP 9000コンピュータで実行されているHP-UX Release 10.20以上およびHP-UX Release 11.00以上 (32ビット構成および64ビット構成) はすべて、オープン グループUNIX 95ブランドの製品です。

OracleおよびJavaは、Oracleおよびその関連会社の登録商標です。

Microsoft®およびWindows®は、Microsoft Corporationの米国内での登録商標です。

UNIX®は、オープングループの登録商標です。

Oracle テクノロジー— 権利制限について

DOD FAR Supplementに準拠し配信されたプログラムは「商用コンピュータソフトウェア」であり、ドキュメントを含む使用、複製、プログラムの公開は、ライセンスの制限に準拠した適用可能なOracleライセンス契約に規定されます。また、Federal Acquisition Regulationに準拠し配信されたプログラムは「制限されたコンピュータソフトウェア」であり、ドキュメントを含む使用、複製、プログラムの公開はFAR 52.227-19、Commercial Computer Software-Restricted Rights (June 1987) の制限に準拠します。Oracle America, Inc., 500 Oracle Parkway, Redwood City, CA 94065.

Oracleライセンス契約の詳細については、NNM iSPI Performance for QA製品のDVDに含まれるlicense-agreementsディレクトリを参照してください。

謝辞

この製品は、Apache Software Foundation (http://www.apache.org/) で開発されたソフトウェアを含みます。

この製品は、Indiana University Extreme!Lab。(http://www.extreme.indiana.edu) で開発されたソフトウェアを含みます。

この製品は、The Legion of The Bouncy Castle(http://www.bouncycastle.org) で開発されたソフトウェアを含みます。

この製品は、Trantor Standard Systems Inc. (http://www.trantor.ca) で開発されたソフトウェアを含みます。