CMS 2018.08の新機能

重要: このドキュメントには最新の更新が含まれていない可能性があります。バージョン2018.08の新機能ドキュメントについては、ドキュメントポータルにアクセスしてください ([リリースノート] > [新機能])。

Micro Focus構成管理システムのバージョン2018.08は、Universal CMDB (UCMDB) とUniversal Discovery (UD) で構成されています。バージョン2018.08は、コンテンツパック28.00と同時期にリリースされます。

このリリースでは、新しいCMSユーザーインターフェイスの外観と操作感が向上しているだけでなく、ブラウザーのパフォーマンスとユーザーの同時実行性も強化されています。AWS、SAP、Oracleを対象とするディスカバリが新たに追加されるとともに機能強化され、検出したCIに割り当てる重要な新しい属性も導入されています: LastDiscoveredByLastDiscoveredByProbeLastDiscoveredTime。これらの属性を使用すると、システム内の各デバイスがディスカバリによって最後に検出された時刻、および検出の方法を正確に把握でき、常に検出されたデータに準拠することができます。このリリースには、統合を監視して操作するための新しいREST APIと、新しい対話式の『REST APIリファレンス』ドキュメントも用意されています。

このリリースで導入されたその他の項目は次のとおりです。

CMSユーザーインターフェイス

Universal CMDB

Universal Discovery

コンテンツパック28

ドキュメント

CMSユーザーインターフェイス

Universal CMDB

管理とサポータビリティ

拡張されたサポートマトリックスの範囲

Universal Discovery (UD)

コンテンツパック28.00

注:

  • UCMDBバージョン2018.08ではコンテンツパック27以降が必要です。
  • コンテンツパック28.00をインストールできるUCMDBバージョン

    • UCMDB 2018.08
    • UCMDB 2018.05
    • UCMDB 11.0
    • UCMDB 10.33 (CUPあり/なし)

    • UCMDB 10.22 CUP6 (またはそれ以降のCUP)

ディスカバリの新しい機能と機能強化

検出されるアプリケーションのバージョンの更新

既存のディスカバリジョブに次のアプリケーションのバージョンを検出するサポートが追加されました。

Universal Discoveryインベントリ

次に示す追加機能により、Inventory Discovery by ScannerジョブおよびInventory Discovery by Manual Scanner Deploymentジョブが機能強化されました。

統合

その他

詳細については、コンテンツパック28.00のドキュメントを参照してください。

 

ドキュメント

コンテンツパック固有のクラスモデルドキュメント

UCMDB 2018.08で実行されるコンテンツパック28.00に固有の詳細なUCMDBクラスモデルのドキュメントは、ドキュメントポータルで入手できます。