リリースノート

HP Server Automation、Ultimate Edition

ソフトウェアバージョン: 10.10
発行日: 2014年6月30日

はじめに

本ドキュメントには、HP Server Automation 10.10リリースの概要を示します。マニュアルやオンラインヘルプに記載されていない重要な情報が含まれています。

最新のドキュメント

すべてのドキュメントは、新しいSA 10.x Documentation Libraryから入手できます。このライブラリからこのリリースに関連するガイドやホワイトペーパーにアクセスする方法については、「ドキュメント情報」のセクションを参照してください。

対象読者

『SAリリースノート』には、SA、Storage Visibility and Automation、SE Connector、Application Deployment Manager、DMA統合のインストールとメンテナンスについて知識があるユーザーを対象とした情報が記載されています。また、マニュアルやオンラインヘルプに記載されていない情報も含まれています。


目次

本リリースの更新内容
インストール/アップグレード後の作業
ドキュメント情報
廃止予定のお知らせ
既知の問題
HPソフトウェアサポート
インストール
修正済みの問題
ご注意

本リリースの更新内容

ここでは、本リリースの新機能やその他のリリース固有の情報について記します。

以前のリリースの更新内容については、対応するリリースノートを参照してください。次から入手できます。http://support.openview.hp.com/selfsolve/document/KM00774555/binary/SA_10.1_Release_Notes.html

重要:SA 10.1はOpenSSL 1.0.1hを使用しているため、HeartbleedまたはMan in the Middle脆弱性の影響を受けません。

 


すべての認定済み管理対象プラットフォームのサポート/OSシステムサポートに関する更新内容

Windowsオペレーティングシステムに対するSAクライアントのサポート

SAクライアントでサポートされるオペレーティングシステムは、次のとおりです。

その他のオペレーティングシステムに対するSA管理対象プラットフォームのサポート

SAプラットフォーム - その他

サポートおよび互換性情報

SAのサポートおよび互換性情報の詳細については、本リリースの『HP Server Automation Support and Compatibility Matrix』を参照してください。このマトリクスは、http://support.openview.hp.com/sc/support_matrices.jspから入手可能です。

Storage Visibility and Automation管理対象サーバー、SE Connector、SANアレイ、ファイバーチャネルアダプター、SANスイッチ、ファイルシステムソフトウェア、データベースサポート、Storage Essentials互換性に関するサポートされるオペレーティングシステムとプラットフォームの一覧については、同じリンクから入手できる『Storage Visibility and Automation Support and Compatibility Matrix』を参照してください。

SAとStorageのすべてのガイドは、次から入手できます。http://support.openview.hp.com/selfsolve/manuals

サポートされる構成の詳細については、『SA 10.10 Installation Guide』の第2章「SA Core Configurations Supported For Customer Installation」を参照してください。

目次に戻る


エージェントに関する更新内容

重要: SAエージェントバージョンの廃止予定とサポート終了に関する重要なお知らせについては、「廃止予定とサポート終了のお知らせ」を参照してください。SAエージェントのアップグレード要件については、「インストール/アップグレード後の作業」を参照してください。

SAエージェントのインストールの高速化

エージェントアップグレードツール、エージェントのインストール、SAの管理下にサーバーを置く方法については、『SAユーザーガイド: Server Automation』を参照してください。

SAエージェントインストーラー

SAエージェントインストーラーは、Webサービスデータアクセスエンジン (Twist) サービスとして追加されました。

目次に戻る


認証に関する更新内容

SAは、米国国防総省の個人識別検証 (PIV) スマートカードを使用した2要素認証をサポートするようになりました。


CPUインタフェースに関する更新内容

CPUのプロパティが、SAクライアントの [インベントリ] > [ハードウェア] ウィンドウに表示されるようになりました。


Database and Middleware Automationに関する更新内容

Database and Middleware Automation (HP DMA) はServer Automationの一部としてインストールされなくなりました。HP DMAバージョン10.00以降、HP DMAは独立した製品として専用のインストールメディアで提供されます。ただし、HP DMA 10.0xは引き続きServer Automationと統合されています。詳細については、『HP DMA Installation Guide』を参照してください。

目次に戻る


インストールに関する更新内容

Interactive Installation Configurator (iDoc) (ベータ版)

Interactive Installation Configurator (iDoc) を使えば、選択したSA コア構成とSAコアホストオペレーティングシステムだけを対象としたSAコアインストール手順ドキュメントを生成して表示 (PDF) することができます。これにより、これから実行しようとしているインストールに無関係なSAコア構成やコアホストオペレーティングシステムに関連する情報が含まれないインストール手順ドキュメントを表示 (PDF) または印刷することができます。

手順は簡単で、SA_10.10_core_install_config.zipをブラウザーで実行し、必要なSAコアレイアウトとコアホストオペレーティングシステムを選択し、[表示] または [印刷] を選択するだけです。

FIPSコンプライアンスオプション

SAは、米国連邦情報処理規格のパブリケーション140-2に適合しています。これは、米国の政府機関が検証済みの暗号化モジュールを採用した機器を調達するための規格です。インストールの際にfips.modeパラメーターをenabledに設定することで、FIPSを有効にすることができます。

FIPSを有効にすると、ハッシュアルゴリズムはSHA1に制限されます。インストールの際に、FIPSを有効にするかどうかを尋ねられます。

通常のセキュリティ条件では、キー長が2048のSHA1を使用することをHPでは推奨しています。セキュリティ要件がもっと高い場合は、キー長4096のFIPSまたはSHA256の使用が必要な場合もあります。

ただし、FIPSまたはSHA256を使用すると、コアのパフォーマンスが低下する場合があります。詳細については、セキュリティ管理者にお問い合わせください。

『SA Installation Guide』の付録Gの「HP SA FIPS 140-2 Compliance Statement」を参照してください。

インストールガイドには、SA 10.x Documentation Libraryからアクセスできます。

予約ポート

SA 10.10を使用するには、次のポートが開いている必要があります。

8084/8086 - 帯域幅管理用 (有効にされている場合)
これらのポートとその他のポートは、インストール/アップグレード時にインストーラーのパラメーターで構成可能です。

: これに加えて、SAの以前のリリースでは他のポートも開いている必要があります。対応するリリースノートを参照してください。次の場所で入手できます。
http://support.openview.hp.com/selfsolve/manuals

アップグレード

お使いのSAコアが、『SA Installation Guide』の第2章: 「SA Core Configurations」に記されているカスタマーアップグレード可能なSAコア構成に該当する場合は、以前のSAバージョンからSA 10.0へのアップグレードをお客様自身で行うことができます。一方、お使いのコアが上記のSAコア構成に該当しない場合は、以前のバージョンからSA10.0への最初のSAコアアップグレードは、HPプロフェッショナルサービスまたはHP認定コンサルタントに依頼する必要があります。

サポートされる構成に該当するコア構成の場合、コアがSA 10.0にアップグレードされた後では、SA 10.x以降へのお客様自身によるアップグレードがサポートされます。それ以外のコア構成の場合は、引き続きHPプロフェッショナルサービスによるサービスが必要です。既存のSAコアをお客様自身でアップグレードできるかどうかが不明な場合は、HPテクニカルサポートにお問い合わせください。

目次に戻る


ローカリゼーションに関する更新内容

簡体字中国語と日本語に加えて、SA 10.10インタフェースは、新しくドイツ語、ロシア語、フランス語、スペイン語にもローカライズされました。


OO-SA統合に関する更新内容

OO-SA統合 (Operations Orchestration内部で実行されるServer Automation操作) に関連する更新は、HP Live Network (https://hpln.hp.com/) を通じて提供されます。


Oracleデータベースおよびモデルリポジトリに関する更新内容

Oracle 12.1.0.1

SA配布メディアには、カスタマイズ済みのOracle 12.1.0.1 RDBMSソフトウェアとtruthデータベースが同梱されており、SAコアのインストール時にインストールできます。

また、Oracleユニバーサルインストーラーを使用して、Oracle 11gまたは12cデータベースを手動でインストールすることもできます。ただし、HPが提供するデータベースがインストール時に自動的に行ういくつかの作業を、手動で実行する必要があります。

『SA 10.10 Installation Guide』の付録A「Oracle Setup for the Model Repository」を参照してください。

目次に戻る


プロビジョニングに関する更新内容

新機能

このリリースでは、プロビジョニングに次の新機能が加わっています。

ビルド計画の新機能

ビルド計画に次の新機能が追加されました。

廃止予定のOSシーケンス

次のタイプのOSシーケンスは非推奨化されました。

新しいプロビジョニングジョブには、OSシーケンスの代わりにビルド計画を使用してください。

プロビジョニングの詳細については、『SAプロビジョニングガイド』 (SA 10.x Documentation Libraryで入手可能) を参照してください。



パッチ適用に関する更新内容

Server Automation (SA) では、Ubuntuパッチ管理により、Ubuntu Debianパッケージ更新の確認、インストール、削除を行い、組織内の管理対象サーバーのセキュリティを確保することができるようになりました。

パッチ適用の詳細については、『SAユーザーガイド:サーバーのパッチ適用』 (SA 10.x Documentation Libraryで入手可能) を参照してください。

目次に戻る


ソフトウェア管理に関する更新内容

OCLI

OCLIは、ソフトウェアポリシーを使用して管理対象サーバーにインストールできるようになりました。

SAでのネイティブChef Cookbookの操作のサポート

HP Server Automation (SA) を使用して、Chef Cookbookの表示と管理を行い、Chef Recipeを実行することができます。パラレルChefインフラストラクチャをデプロイしなくても、ネイティブChef CookbookをSAにアップロードし、SAで管理し、SAからChef Recipeを実行できます。

次の機能があります。

詳細については、『SA User Guide: Chef Cookbook Management』を参照してください。このガイドには、SA 10.x Documentation Libraryからアクセスできます。

垂直スケーラビリティ: ジョブ結果の再設計

修復ジョブのパフォーマンスとスケーラビリティを改善するため、ジョブのバックエンドと、ジョブ進行状況とジョブ結果の表示を担当するUIの両方が再設計されました。ジョブ結果の冗長なデータや詳しすぎるデータがジョブ結果から削除され、SAコンポーネントに対する負荷が減少しました。

ユーザーには適切なデータだけが表示されるため、特に大規模な修復ジョブの場合に、ユーザーインタフェースの使いやすさが大幅に向上しました。(CR: QCCR1D165183/ 167473)

アンインストールなしでのデタッチと修復

ソフトウェアポリシーを修復なしでデタッチできるようになりました。(ER: 166081)

目次に戻る


UCMDBに関する更新内容

mapping.xmlに次の新しい属性が実装されました。

<Attribute source='Node/Vendor' target-attr='vendor' enable='false'/>

有効 (TRUE) の場合、UCMDBにデータが流れます。


使いやすさに関する更新内容

サポートされない2つの機能 (コードデプロイメントとロールバック (CDR)、および構成トラッキング) が、SAクライアントインタフェースから削除されました。

CDRはADMによって置き換えられました。構成トラッキングはA&Rによって置き換えられました。


仮想化管理に関する更新内容

このリリースでは、仮想化管理に次の新機能が加わっています。

仮想化サービスとしてのOpenStack

SAの仮想化サービスとしてのOpenStackを使えば、OpenStackの社内デプロイメントを、プロジェクトやVM (OpenStackインスタンス) を検出するための仮想化サービスとして追加できます。

FIPS

SAは、米国連邦情報処理規格 (FIPS) のパブリケーション140-2に適合しています。これは、米国の政府機関が検証済みの暗号化モジュールを採用した機器を調達するための規格です。FIPSが有効な場合、CA証明書を各仮想化サービスにアップロードする必要があります。

FIPSの詳細については、『SA Installation Guide』の第5章「SA Core Installation」および付録G「HP SA FIPS 140-2 Compliance Statement」を参照してください。

仮想化のセキュアモード

新しくSA 10.10をインストールする場合、SA仮想化のセキュアモードは、デフォルトで有効 (True) に設定されます。SA 10.1へアップグレードする場合は、無効 (False) に設定されます。

廃止予定および非サポートの仮想化コンポーネントについては、リリースノートの廃止予定および非サポートのセクションも参照してください。

仮想化のセキュアモードの編集とCA証明書のアップロードの詳細については、『ユーザーガイド: 仮想化の管理』の付録B「仮想化セキュリティ」を参照してください。このガイドにアクセスするには、SA 10.x Documentation Libraryを参照してください。

目次に戻る


廃止予定とサポート終了のお知らせ

ここでは、このリリースで廃止予定のプラットフォーム、機能、エージェントと、すでに廃止予定になっていたアイテムで、サポートライフサイクルの終了に達したアイテムの一覧を示します。

プラットフォーム、機能、エージェントがリリースで廃止予定に指定された場合、これらが将来削除されることがSAカスタマーに通知されたものと見なされます。廃止予定の機能は、特に指定されていない限り、非推奨になっているリリースでも完全にサポートされます。非推奨の機能やプラットフォームに対するサポートは、次回のSAのメジャーまたはマイナーリリースで廃止されます。ただし、最終的な廃止はHPの判断で決定されます。

管理対象プラットフォーム

次のプラットフォームは、SA 10.0の時点で廃止予定になりました。

廃止予定のSAエージェントとアップグレードの必要性

SA 10.10へアップグレードした後、ファシリティの各管理対象サーバー上で、10.10のSAエージェントにアップグレードする必要があります。エージェントをアップグレードしないと、新しい機能が利用できません。

さらに、SA 10.10では、SA 9.10以前のバージョンに関連付けられたSAエージェントはサポートされません。そのため、少なくともSA 9.10以前のバージョンに関連付けられたSAエージェントをバージョン9.11以降のSAエージェントにアップグレードする必要があります。 

SAエージェントのアップグレードの手順については、『SA 10.10 Upgrade Guide』 (SA 10.x Documentation Libraryで入手可能) を参照してください。

エージェントアップグレードツール

OPSHシェルから実行され、管理対象サーバー上のエージェントをアップグレードするエージェントアップグレードツールは、廃止される予定です。SA 10.0において、さまざまな点で改善された新しいAPXが導入され、SAクライアントから実行できるようになりました。

廃止予定のAPIメソッド

アプリケーション構成がSA 9.0のフォルダーに移動されたことに伴い、次のAPIメソッドは削除されました。

BSAEレポートの削除

Business Service Automation Essentials (BSAE) レポートは、SA 10.1で削除されました。このレポートはAutomation Insight (AI) 製品に置き換えられました。

詳細については、Automation Insight (AI) のドキュメントを参照してください。

廃止予定のSA Webクライアント

SA Webクライアントは廃止予定になりました。保持される機能のほとんどは、SA クライアント (NGUI) に移行されています。 

廃止予定のOSプロビジョニングのOSシーケンス

OSシーケンスはOSビルド計画に置き換えられました。手順の詳細については、『SAプロビジョニングガイド』を参照してください。

廃止予定の埋め込みレポート

埋め込みレポートは、SA 10.1からサポートされなくなりました。

サポートされないプラットフォーム

次のプラットフォームは、SA 10.0からサポートされなくなりました。

サポートされない機能

サポートされない古いジョブタイプ 新しい代替のジョブタイプ
仮想マシンの複製 (VMware) 仮想マシンの複製
仮想マシンの作成 (Hyper-V)
仮想マシンの作成 (VMware)
仮想マシンの作成
仮想マシンの削除 (Hyper-V)
仮想マシンの削除
仮想マシンの削除
仮想マシンの変更
仮想マシンの変更 (Hyper-V)
仮想マシンの変更

注:スケジュール済みまたはブロックされているジョブが古いジョブタイプの場合、移行中に削除済みとマークされます。

  • 仮想サーバーの管理のアクションで、個ESX、ESXi、Hyper-Vに対する個別のハイパーバイザー管理はサポートされなくなりました。ESXおよびESXiのハイパーバイザーを管理するにはVMware vCenterサーバーと統合し、Hyper-VハイパーバイザーとVMを管理するにはMicrosoft System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) と統合する必要があります。

  • 以前に廃止予定になったAPI、レポート、SMOはすべて削除されています。vCenterとSCVMMでの仮想化管理には新しいAPIが使用できます。

サポートされないスクリプト

SA 7.80以降では、次のスクリプトはサポートされません。

SA 9.0以降では、次の統合された開始スクリプトを使用する必要があります。

/etc/init.d/opsware-sas

このスクリプトに依存するアプリケーションやスクリプトがある場合、統合された開始スクリプトを使用するように変更する必要があります。

目次に戻る


インストール

インストールの手順については、『SA Installation Guide』 http://support.openview.hp.com/selfsolve/document/KM00774557/binary/SA_10.1_InstallationGuide.pdfを参照してください。

Adobe Flash PlayerとHP SAクライアントランチャーの問題

特定のSAクライアント機能 (OSビルド計画の実行、HP UXプロビジョニングなど) では、Adobe Flash Playerが必要です。これらの機能を実行する際に、Adobe Flash Playerがインストールされていないと、エラーが発生します。

Adobe Flash Playerが正常に機能していることを確認し、エラーメッセージが表示されないようにするには、次の操作を実行する必要があります。

  1. 最新バージョンのAdobe Flash PlayerがInternet Explorerにインストール済みであることを確認します。
  2. Internet Explorerを使用して、次のサイトにアクセスします。http://www.adobe.com/software/flash/about/
  3. 指示に従って最新のAdobe Flash Playerをダウンロードします。
  4. SAクライアントを再起動します。
このリリースでは、HP SAクライアントランチャーがアップグレードされています。前のバージョンのランチャーがインストールされている場合は、警告メッセージが表示され、最新バージョンを再インストールする必要があります。

次の手順に従って、新しいランチャーをインストールします。

  1. SAクライアントのインスタンスをすべて終了します (TaskManagerをチェックしてすべてのインスタンスが停止していることを確認します)。
  2. HP SAクライアントランチャーをアンインストールします。
  3. HP SAクライアントランチャー (1.7.4以降) をダウンロードします。
    1. OCCログインページにアクセスし、新しいランチャーをダウンロードします。
    2. または、OCCにログインしてホームページの右のパネルからインストーラーをダウンロードします。
  4. HP SAクライアントランチャーを再インストールします。
  5. SAクライアントを再起動すると、機能が正常に実行されます。

目次に戻る


インストール/アップグレード後の作業

ここでは、SA 10.10のインストールまたはアップグレード後に実行する必要があるタスクの一覧を示します。状況によっては、一部のタスクは該当しない場合もあります。

WindowsサーバーでのOCLIのインストール

SA 10.10へのアップグレード後に、SA Command-line Interface (OCLI) をWindowsサーバーにインストールする場合、そのサーバー上のSAエージェントを最新バージョンに更新する必要があります。古いバージョンのSAエージェントを使用しているWindowsサーバーでOCLIのインストールを実行するとエラーが発生します。

アップグレード

ここでは、SA 10.10へのアップグレード後に実行する必要があるタスクの一覧を示します。

すべてのSAエージェントでの必要なアップグレードの実行

SA 10.10へアップグレードした後、ファシリティの各管理対象サーバー上で、10.10のSAエージェントにアップグレードする必要があります。エージェントをアップグレードしないと、新しい機能が利用できません。

さらに、SA 10.10では、SA 9.10以前のバージョンに関連付けられたSAエージェントはサポートされません。そのため、少なくともSA 9.10以前のバージョンに関連付けられたSAエージェントをバージョン9.11以降のSAエージェントにアップグレードする必要があります。 

SAエージェントのアップグレードの手順については、『SA 10.10アップグレードガイド』を参照してください。

カスタマイズ済み設定の再適用

Javaヒープ設定などをカスタマイズしている場合、SA 10.0のインストール後にカスタマイズ設定を再適用する必要があります。これは、インストールまたはアップグレード時に、設定がSAのデフォルトに設定されるためです。

目次に戻る


既知の問題

ここでは、SA 10.1の既知の問題について説明します。次の表は、問題をまずサブシステムごとに示し、次に各サブシステム内で数字順に示しています。

: Server Automation-Executive Scorecard (SA-XS) 統合では、XS 9.5とSA 10.1を使用した構成はサポートされません。詳細については、XSのドキュメントを参照してください。

既知の問題

QCCR1D 症状/説明 プラットフォーム 回避方法
エージェント
QCCR1D167917/ 168222 次のコマンドの実行時に、Windowsでエージェントをアンインストールする処理がフリーズし、ユーザー入力がないと続行できない。

msiexec /x C:\Program Files\Opsware\agent\pylibs\cog\uninstall\agent_uni?nstall_x64.msi/qn FORCE="1"
Windows 代わりに、エージェントのサイレントインストールを実行する次のコマンドを使用します。

C:\Program Files\Opsware\agent\pylibs\cog\uninstall>agent_uninstall.bat --force
APX
QCCR1D112384 OGSHの/opsw/bin/apxクライアントでデバッグロギングを有効にできない。 Linux Linuxのstraceコマンドを使用します。
Linuxのオンラインmanページで、次のリファレンスを確認してください。http://man7.org/linux/man-pages/man1/strace.1.html
監査
QCCR1D151552 実行中の監査ジョブをキャンセルし、監査結果のターゲットサーバーのジョブステータスに「スキップ済み」と表示される場合、監査が正常に実行されるまで、サーバーのコンプライアンスビューで、ポリシーのステータスが次のように間違って表示される。

「前回のスキャン後にポリシーが変更されました」
依存しない 監査ジョブに戻ります。
QCCR1D162962 監査結果をXMLにエクスポートする場合、アクセント記号付きの文字がテキストに含まれていると、結果が正しく表示されない。結果に次のエラーが表示される。

XML page cannot be displayed.Invalid character was found in text content.

依存しない なし。
QCCR1D165732 スナップショットベースの監査を複数のインベントリの実行ルールを使用して実行すると、次のRuntimeExceptionエラーが発生する。

スナップショットベースの監査に対して複数インベントリのチェックはサポートされません。必要に応じて、(*) オプションを使用して対応するルールタイプを実行してください。
依存しない インベントリの実行オプションを有効にせずに、(*) オプションを使用して対応するルールタイプのスナップショットベースの監査を実行します。
QCCR1D183967 複数のユーザーとユーザーグループを指定して「ユーザーとグループ」修復ジョブを実行すると、失敗して次のエラーメッセージが表示される。"No Group found. " 依存しない ユーザーグループを指定して「ユーザーとグループ」修復ジョブを実行した後、修復したユーザーグループに所属するユーザーを修復する修復ジョブを実行します。
認定
QCCR1D184455 コア再認定の手順をFIPS対応のコアで実行すると、フェーズ9の後にbuildmgrコアコンポーネントの開始エラーが発生する。 Linux

この問題を回避するには、次の手順を実行します。

1.メッシュ内のすべてのコアとサテライトボックスで、/etc/opt/opsware/crypto/security.conf FIPSフィールドをゼロ (0) に設定します。

2.コア再認定ドキュメントで指定された順序でコアコンポーネントを開始します。

DCML Export Tool (DET)
QCCR1D141375/ 142522 DETのフルエクスポートプロセスが停止し、続行できないことが多い。その他の症状:
  • ファイルへのエクスポートや書き出しが実行されない。
  • プロセスが400%のCPU時間を使用する。
  • ログに何も情報が表示されていない。
  • デバッグが機能しない。
Linux 単一のCBTスレッドでDETプロセスを実行します。これを行うには、CBT構成ファイルでcbt.numthreads=1に設定します。

HP Server Automationコアでは、この構成ファイルのデフォルトの場所は次の場所になります。/opt/opsware/cbt/cfg/default.properties

目次に戻る

QCCR1D 症状/説明 プラットフォーム 回避方法
インストーラー
QCCR1D172654/ 172880 httpsProxyを開始できない。SAインストーラーで、/etc/hostsを複数の 'localhost' 定義に対して検証する必要があります。 Linux /etc/hostsファイルで、::1で始まる定義行から'localhost'と'localhost.localdomain'を削除します。ファイルを保存してインストーラーを再試行します。

注:このインストーラーの問題は、メジャーリリースのみに適用でき、CORDリリースには適用できません。
QCCR1D186167 マルチスライス設定でのゲートウェイ負荷分散設定が不完全なため、wayジョブのエラー (waybot.badObjectIdエラー) が発生する。 依存しない

1.特定のレルムのすべてのスライスで、コマンド'wc -c /etc/opt/opsware/opswgw-cgws*/opswgw.pcache'を実行します。次のように出力されます。
1852
/etc/opt/opsware/opswgw-cgws*/opswgw.pcache

2.上記のコマンドで表示された、文字数が最も多いファイルを、同じ場所のレルムの他のスライスにコピーして、スライス内の既存のファイルを上書きします。

3.コマンド'/etc/init.d/opsware-sas restart opswgw-cgws'を使用して、手順2でopswgw.pcacheをコピーしたスライスでコードゲートウェイを再起動します。

管理対象プラットフォーム
QCCR1D160543 'platfrom_linux'ストリーム用に開発したHPLN APXコンテンツが、コンテンツの再ロード時にエラーになる 依存しない なし。
モデルリポジトリ
QCCR1D172374/ 172530 セカンダリコアの作成が次のエラーで失敗する。
ORA-31685:Object type PROCEDURE:"AAA"."GATHER_AAA_SCHEMA_STATS" failed due to insufficient privileges.
依存しない

データベースサーバーで次のいずれかを実行するか、RAC対応環境がある場合は、RACノードの1つにログインして次を実行します。

1. su – oracle

2. sqlplus opsware_admin/<パスワード>

3.SQL> select * from dba_sys_privs where grantee = 'AAA'; -- ここでは 'create procedure' 権限はありません

4.SQL> grant create procedure to aaa;

5.SQL> select * from dba_sys_privs where grantee = 'AAA'; -- ここでは 'create procedure' 権限が必要です

6.HPSAインストーラーを再起動します。インストーラーはAAAが不完全であることを検知します。AAAスキーマはクリーンアップされ、再インポートされます。

プロビジョニング
QCCR1D168921 SLESでtftp書き込みができない。 SLES なし。
QCCR1D184355/ 184356 TMBC構成によりdhcpdサーバーがリセットされるために、複数の同時ビルドでPXEブートが失敗する場合がある。 Windows

MBC操作とVM起動の間にスリープ遅延を設定します。

別の対応策として、すべてのMBC構成を一括操作で実行するか、すべてのMBC構成が完了するまでVMが起動しないようにするコードをフローに追加します。

このMBCのメカニズムは、複数同時アクセス時でも安全なように設定する必要があります。

QCCR1D187163

ipv6を有効にしたPINPステップが、Windowsで機能しない。

Windows

Windowsマシンをプロビジョニングするネットワークでは、IPv6を有効にできません。つまり、そのネットワークで、ゲートウェイによってルーターアドバタイズメントを送信することはできません。

この問題を解決するには、"Personalize Network Settings of Installed System" (post_install_network_personalization.py) というステップを修正し、80行目を次の行に
置き換えます。
置き換えられる行:
return configuration.ConfigureWindowsNetworking(netinfo=netinfo, log=LOG)
置き換える行:
return configuration.ConfigureWindowsNetworking(netinfo=netinfo, ipv6enabled=False, log=LOG)

目次に戻る

QCCR1D 症状/説明 プラットフォーム 回避方法
パッチ管理
QCCR1D100566 再起動が正常に実行されたにもかかわらず、サーバーでのパッチポリシー修復をプレビューした際や、修復済みのパッチポリシーのジョブステータスを表示した際に、再起動設定が間違って表示され、「インストールと再起動」と表示すべきときに「インストールし、後で再起動」と表示される。 Solaris 表示内容が間違っていても、再起動は正常に実行されているため、対応策は必要ありません。
QCCR1D131674/ 131725 APIで公開されたSolarisパッチポリシー作成サービスを使用すると、不適切なプラットフォームでSolarisパッチポリシーが作成される。
Solaris Solaris以外のプラットフォームで作成されたSolarisパッチポリシーは、UAPIメソッドのSoftwarePolicyService.updateを使用して、正しいSolarisプラットフォームに更新できます。
QCCR1D137915/ 153979 solpatch_import.confファイル内で適切なFujitsu資格情報が不足しているFujitsuサーバーで、Solarisパッチの補足コンテンツをインポートしようとすると、次のエラーが発生する場合がある。

エラーの例:
live-network-connector:ERROR :Import of content Solaris Patch Supplement version 2.00.00-01 failed.Exception:[PostExecuteError] Non-zero exit (6)
for post-execute command '/tmp/tmpgcTtsa/install.sh'.
2011-08-31 19:09:48,823 live-network-connector:DEBUG :Associated metadata:/content/sas/solaris_patching/
dd78741ee8ea41718ca70bf0debf3f51.metadata.xml
2011-08-31 19:09:48,824 live-network-connector:DEBUG :{
File "modules/lnc_client.py", line 584, in _importStreams
File "modules/content-handlers/content_uncompress.py", line 87, in import_content
File "modules/lnc_common/ContentType.py", line 111, in do_post_execute }
Solaris この問題が発生するのは、最近、FujitsuのWebサイトからREADMEをダウンロードするのにユーザー名/パスワードが必要になったためです。

1.Fujitsuアカウントをお持ちの場合は、Fujitsuアカウントの資格情報を/etc/opt/opsware/solpatch_import.confに入力します。solpatch_import.confファイルのFujitsu資格情報のエントリを次に示します。

fujitsu_download_user=<ユーザー名>

2.一時的な回避方法として、/etc/opt/opsware/solpatch_import/collections.xmlファイルを編集し、<Fujitsu_clusters>タグ情報を削除して、Fujitsuアカウント情報でのダウンロード試行を無効にする方法もあります。この方法により、solpatch_importスクリプトがFujitsu READMEファイルのインポートを試行しないようにできます。削除する必要があるXMLデータの例を次に示します。fujitsu_download_pass=<password> <fujitsu_clusters>
<download_url>ftp://ftppatch.computers.us.fujitsu.com/
fjrs_cluster/${fujitsu_filename} </download_url>
<readme_url>ftp://ftppatch.computers.us.fujitsu.com/
fjrs_cluster/README.${fujitsu_basename} </readme_url>
<fujitsu_cluster name="Fujitsu Solaris 10 OS Recommended Patch Cluster">
<file_name>10_Recommended.zip</file_name>
</fujitsu_cluster>
<fujitsu_cluster name="Fujitsu Solaris 9 OS Recommended Patch Cluster">
<file_name>9_Recommended.zip</file_name>
</fujitsu_cluster>
<fujitsu_cluster name="Fujitsu Solaris 8 OS Recommended Patch Cluster">
<file_name>8_Recommended.zip</file_name>
</fujitsu_cluster>
</fujitsu_clusters>
QCCR1D146902/ 157891 Solaris 11パッチポリシーは、ユーザーが再起動オプションをデフォルトのオプションを「すべてのアクションが完了するまですべてのサーバーの再起動を保留」以外に設定できないようにします。 Solaris Solaris 11パッチポリシーを修復する際は、必ず再起動オプションが「すべてのアクションが完了するまですべてのサーバーの再起動を保留」に設定されていることを確認してください。
QCCR1D147304 推奨パッチKB979309およびKB2416400がSA推奨として表示されず、scanpatchoutput内にある。 Windows なし。
QCCR1D156610/ 159052 すべてのエージェントについて、再起動が修復処理の最後まで保留されないために、修復処理中にエラーが発生する。インストール中のソフトウェア (パッチ) の要求に応じてエージェントが再起動される。前のパッチで要求された再起動の実行中にインストールされたパッチで、エラーが発生する。 依存しない なし。
QCCR1D161961 Windows 2008 R2でSP1パッチをアンインストールするとタイムアウトエラーになる。 Windows 次のスキャンの実行時にステータスが更新されます。
QCCR1D162337 Windows 2k12ソフトウェアポリシー修復で、次のタイプのエラーが発生する。 'AGENT_ERROR_PATCH_DATABASE_CERTIFICATE_ERROR' Windows 最新 (2012年10月以降) のMicrosoftパッチのCABファイルをインポートして、1回実行します。この処理は1度だけ実行する必要があります。
QCCR1D168977 Microsoftパッチをアンインストールできない。 Windows なし。パッチをアンインストールできない場合、そのパッチは現在Microsoftでサポートされていません。
QCCR1D170780 パッチをインストールしてもWindowsのコントロールパネルにインストール済みアイテムとして表示されず、またそのパッチをアンインストールできない。 Windows 2012 なし。 そのパッチはアンインストールできません。
QCCR1D184160

サーバーとパッケージが多数ある場合、アプリケーションコンプライアンスフェーズでコアとモデルリポジトリの重要なリソースが使用され、完了するまでに時間がかかる。

RHEL

パフォーマンスやディスク容量の問題が発生した場合は、Oracleの表領域を監視し、サーバーにアタッチされたポリシーのパッケージ数を最小限に抑えます。

QCCR1D186135 Ubuntu Debianパッケージがソフトウェアリポジトリにアップロードされていない場合、データ整合性チェッカーで、「不足している使用中パッケージ」のチェックで「失敗」ステータスが表示される。 Ubuntu これは、問題ではありません。パッケージはソフトウェアリポジトリにアップロード可能です。正常にアップロードされると、整合性チェッカーで "OK" と表示されます。パッケージは、UIを使用するか、サーバースクリプト "Import Ubuntu packages" を使用して、ベンダーからファイルにインポートできます。

目次に戻る

QCCR1D 症状/説明 プラットフォーム 回避方法
レポート
QCCR1D181684 レポートの「等しい」オプションに切り替えるまで、テキストフィールドに値を入力できない。 依存しない なし。
Service Automation Visualizer (SAV)
QCCR1D186041

グローバルゾーンを使用するSunOS 5.11ハイパーバイザーがサーバー選択に含まれる場合 (または選択にグローバルゾーンが含まれ、ユーザーが仮想化をスキャンするよう選択した場合)、SAVスキャンがSAXParseExceptionでエラーになり、SAVウィンドウが表示されるが、スキャン対象に選択したデバイスが何も表示されない。

Solaris なし。
スクリプト
QCCR1D163487/164275 PythonスクリプトタイプはUnixサーバーでサポートされません。 Unix Unixサーバーでは、Pythonタイプのスクリプトを実行したり、選択したりしないでください。
検索
QCCR1D92244 拡張ASCII文字 (ヨーロッパ文字) を検索すると、一致する結果が見つからない。 依存しない なし。
ソフトウェア管理
  QCCR1D159841 コアアップグレードの実行時に、UNITSテーブルとREALM_UNITSテーブルに起因する競合が発生する場合がある。 依存しない アップグレードプロセスを続行するには、アップグレード中はサテライトをシャットダウンするか、強制リゾルバースクリプトを使用して競合を解決します。 メッシュのアップグレード中は、ユニットの操作はすべてマスターspinで実行されます。
QCCR1D178465/180611、185123

SAクライアントで、あるカスタマーのポリシーが別のカスタマーのデバイスにアタッチされるのを防ぐことはできません。カスタマーが一致しないユニットは実行時にフィルター処理で除外されるため、この問題によるセキュリティへの影響はありません。

Linux なし。
  QCCR1D179479/179480 定期的なアプリケーション構成コンプライアンスジョブで使用されるトークンの有効期限は1年に制限されています。このため、定期的なジョブは1年後に動作しなくなります。 依存しない ジョブを再作成します。
Storage Host Agent ExtensionStorage Host Agent Extension
QCCR1D93690 仮想サーバーの [サーバー] > [関係] > [SANスイッチ]
パネルに何も表示されないか、指定したサーバーに直接接続されているSANスイッチのみが表示される。

場合によっては、このパネルに表示されていないSANスイッチにサーバーが依存していることがあります。 たとえば、ストレージがSANからハイパーバイザーに割り当てられ、そのハイパーバイザーから割り当てられたストレージを仮想サーバーが使用している場合があります。
依存しない なし。
QCCR1D105953 SE Connectorによって検出されたEMC Symmetrixアレイで、同じLUN番号のストレージボリュームが管理対象サーバーに複数存在するとレポートされる。ストレージスナップショット仕様を管理対象サーバー上で正常に実行できるが、[インベントリ] > [ストレージ] > [ファイルシステム] パネルと [インベントリ] > [ストレージ] > [管理対象ソフトウェア] パネルに何も表示されない。さらに、サービスのタイプがLUNである一部のホストボリュームが、[ストレージ] > [インベントリ] > [ボリューム] パネルに表示されない。 依存しない なし。
QCCR1D142746 Storage Visibility Automationでは、ストレージホストエージェントでESXサーバーはサポートされません。 依存しない なし。
仮想化
QCCR1D141907

ネイティブのvSphereクライアントを使用してソケットあたりのコア数を設定し、SAでVMの変更ジョブを使用して仮想プロセッサーの数を変更すると、CPU構成が無効になる。次のエラーメッセージが表示されます。

「ソケットあたりのコア数に仮想CPUより大きい値は指定できません」

1ソケットに2つのコアがあるVMの例を次に示します。 

  • SAの仮想プロセッサーを8に設定すると、仮想ソケット数は4、CPU合計数は8になります。 
  • SAの仮想プロセッサーを1に設定すると、仮想ソケット数は1になり、構成が無効になります。
VMwareVMware VMのソケットあたりのコア数が1より大きい場合に、CPUの数を変更するには、次の手順を実行します。

SAで、仮想プロセッサーの数をソケットあたりのコア数の厳密な倍数に設定します。

または、ネイティブのvSphereクライアントを使用してCPUの数を変更します。

QCCR1D157368/160408 IPアドレスまたはホスト名を使用して [Add Virtual Server] 画面を検索すると、HP-UXマシンがリストに表示されない。この問題は、vparおよびhpvmソフトウェアがインストールされているマシンで発生します。 HP-UX [Add Virtual Server] 画面で"All"が選択されている場合でも、サーバーを追加できます。
QCCR1D158199 VMware仮想化サービスを使用して仮想分散スイッチを検出できない。結果として、仮想マシンから仮想分散スイッチへのNIC接続がSAクライアントやバックエンドオブジェクトから認識できない。 VMwareVMware なし。
QCCR1D160891 VMの作成、VMの複製、VMテンプレートからのVMのデプロイのジョブでOSBP実行エラーが発生し、VMがビルドサーバーエラーの状態になった場合、VMはSAクライアントから削除できません。 依存しない ネイティブのベンダーツールからVMを削除し、SAで再ロードします。
QCCR1D183608 OpenStackサーバーのフローティングIPが通常の場所 (サーバーのIPインタフェースのリストとサーバーの [ネットワーク] ビュー) に表示されない。   OpenStack なし。
IPを「デフォルト」値から内部OpenStack IPの値に変更しないでください。
Work Load Manager (WLM)
QCCR1D163928

ブロックされていない、定期的なWLMジョブの場合、子ジョブが実行されると、SAは終了日と次の実行日を比較して、親ジョブが期限切れかどうかを判断します。次の実行日が終了日より後の場合、親ジョブのステータスは期限切れに更新されます。

一方、ブロックされている、定期的なWLMジョブの場合、子ジョブの実行が完了しても、SAは親ジョブが期限切れかどうかを判断しません。ブロックされたジョブの承認通知がまったく設定されていない場合や、間違って設定されている場合、子ジョブはブロックされた状態のままになり、親ジョブのステータスを判断するための計算は実行されません。

依存しない なし。
QCCR1D166350 ジョブに関連付けられたタスクのステータスが成功と表示されているにもかかわらず、ジョブのステータスがアクティブから変更されない (V12nやiLOのようなWorkload Managerフレームワークベースのジョブの場合のみ)。 依存しない この問題は、メッシュのすべてのコアにおいてSAのジョブがOperations Orchestrationを使用して承認されるマルチコアメッシュのインストールでのみ発生します。この問題を回避するには、メッシュのプライマリコアにのみOOワークフローを設定します。

目次に戻る


サードパーティの既知の問題

QCCR1D 症状/説明 プラットフォーム 回避方法
互換性マトリックス
QCCR1D184778 Linux IA64プラットフォームでは、コア/ソケット情報は提供されていないため、このプラットフォームのCPU情報は表示できません。 Linux  
QCCR1D184782 HP-UX PA-RISCプラットフォームでは、コア/ソケット情報は提供されていないため、このプラットフォームのCPU情報は表示できません。 HP-UX  
モデルリポジトリ
QCCR1D172371/172528 Oracle 11.2.0.3 RAC対応環境でのセカンダリコアの作成中に次のエラーが表示される。
ORA-01031: insufficient privileges: grant execute on dbms_utility to data_owner.
依存しない Oracle PSU 11.2.0.3.7を適用し、HPSAインストーラーを再度実行します。
ソフトウェア管理
QCCR1D171076 インストールする予定の他のパッケージで推奨されるパッケージが、ソフトウェアポリシーをデタッチしても削除されない。 Ubuntu  
QCCR1D171553 DEBパッケージをダウングレードすると、パッケージの競合が発生する。 Ubuntu  
ISMツール
QCCR1D184338 ISMツールで作成したポリシーをアンインストールする際に、アプリケーションより先にコントロールパッケージが削除されるため、アプリケーションのアンインストール前スクリプト/アンインストール後スクリプトを実行できない。これはRPMに関する既知の問題で、アンインストール時に依存関係の順序が守られないために発生します。RPMバージョン4.4.6で修正済みです。 依存しない 回避するには、RPMツールを新しいバージョン (4.4.6以降) にアップグレードするか、手動でパッケージの順序を逆に設定します。

目次に戻る


修正済みの問題

修正済みの問題の表には、次の問題が含まれます。

次の表は、問題をまずサブシステムごとに示し、次に各サブシステム内で数字順に示しています。

QCCR1D 症状/説明 プラットフォーム
AAA
QCCR1D167959/168244 /opt/opsware/twist/ldap_config.shで複数のベースDN検索がサポートされない。 Linux
QCCR1D168463/168468 WRITE_PERSISTENCE_ERRORメッセージがtwistログに記録される。 Linux
QCCR1D171593/171873 OperationRegistry HashMapがスレッドセーフでないために、twistが機能しなくなる場合がある。 依存しない
エージェント
QCCR1D171798/175411 SA driverがSCVMMと通信できず、エージェントによってPowerShellコンソールではなくコマンドコンソールが開かれる。 依存しない
QCCR1D174136/175137 SAクライアントのエージェントインストーラーで、curlとportpingが/tmpにコピーされるが、/tmpがnoexecでマウントされている場合、これらの実行が許可されない。 Linux
QCCR1D180130/181061 SAクライアントのメッセージがサーバーのlastログに大量に出力される。 Linux
QCCR1D182546/182547 AIXサーバーのfileset.dbgに不要なログが出力される。 AIX
アプリケーション構成
QCCR1D160790/161093 アプリケーション構成のブロックキーでデータが正しくロードされない。 Linux
監査とコンプライアンス
QCCR1D131063   繁体字中国語を使用しているWindows 2003で、レジストリスナップショットを作成できない。 依存しない
QCCR1D159358/171124 低速のネットワークにおいて、保存された大規模スクリプトで、ttlg/roshのハンドシェークタイムアウトが発生する。 依存しない
QCCR1D165724/165613 java.lang.ClassCastException: com.opsware.rmi.wrapper.gen_server.comopswarerfsRemoteFileSystemTie_Stub cannot be cast to com.opsware.rmi.wrapper.gen_intf.IcomopswarerfsRemoteFileSystem. 依存しない
QCCR1D166532/166535 監査の実行時に、重複した監査ルールがフィルター処理で除外されるため、BSAEとSAクライアントでの監査コンプライアンスの結果に欠落が発生する。 依存しない
QCCR1D168310/168326 'audits'ディレクトリが存在するが、空の場合に、calculateAuditBasePathで'0'のsubdirが作成されない。 Linux
QCCR1D176351/176355 Windows 2008 R2上のソースのスナップショット(再帰的ディレクトリ構造オプション)で監査が失敗する。 Linux
QCCR1D179435/182600 非コンプライアンスSCOポリシーチェックルールで、監査結果の移行ロジックが失敗する。 依存しない
QCCR1D179889/179890 カスタムスクリプトの監査結果を開くことができない。 Linux
BSAE統合
QCCR1D178130 BSAE Javaクライアントのコンプライアンスレポートに、予期されるデータが表示されない。 server.logで次に示すような範囲外エラーが検出される。
2013-11-13 08:39:23,709 ERROR [STDERR] com.opsware.cmdb.loader.exceptions.LoaderException:Error processing attribute column value.
at com.opsware.cmdb.loader.LoaderSession.processLoaderTask(LoaderSession.java:1463)
....
at java.lang.Thread.run(Thread.java:619)
java.lang.NumberFormatException:Value out of range.Value:"192" Radix:10
at java.lang.Byte.parseByte(Byte.java:153)
...
at com.opsware.cmdb.cooper.dao.AttributeColumnValue.setValue(AttributeColumnValue.java:143)
at com.opsware.cmdb.cooper.dao.AttributeColumnValue.<init>(AttributeColumnValue.java:37)
...
at java.lang.Thread.run(Thread.java:619)
RESOLUTION:
The data type holding the cluster CPU info was updated to support larger values
Linux
ビルドシステム
QCCR1D129560 システムロケールが日本語の場合に、AIX 6.1でSAエージェントのインストールが失敗する。 AIX
QCCR1D150973/157308 OpenSSLのバージョンをアップグレードする必要がある。 Linux
コマンドエンジン
QCCR1D182277/182279 長時間にわたって実行中の、プロキシ処理されたコマンドがソースのwaybotから切断されると、間違ったジョブ結果が表示される可能性がある。 依存しない
コンプライアンスダッシュボード
QCCR1D164840/168599 ポリシーに関連付けられたルールがない。 Linux
カスタム拡張
QCCR1D181151/181324 実際の原因はレポートされないが、ログが4000文字を超えるために、パスワードの変更のカスタム拡張が失敗する。 Linux
データアクセスエンジン
QCCR1D166753/171126 オブジェクト'HPUXProductUnit'に'remove_flags'という名前のフィールドがない。 依存しない
QCCR1D169827/169862 サブフォルダーが1000個以上ある親フォルダーを使用すると、Repo.restrictがORA-01795をスローする。 Linux
QCCR1D175131/175133 Windowsサーバーでのソフトウェア登録でDBNotNullConstraintErrorのエラーが発生する。 Windows
QCCR1D180103/180104 removeメソッドを使用して、ILOを搭載したサーバーを削除すると、エラーが発生する。 依存しない
DCML Export Tool
QCCR1D168103/168807 エアギャップ環境の開発コアから運用コアへのCBTインポートが失敗する。 Linux

目次に戻る

QCCR1D 症状/説明 プラットフォーム
ゲートウェイ
QCCR1D165971/170081 Redhat 5.9、6.3、6.4のカーネルの問題: SAクライアントが次のエラーで失敗する。org.omg.CORBA.COMM_FAILURE Redhat
QCCR1D166041/166044 opswgwトンネルが中断すると、プロキシ処理されたTCPフローが停滞するため、この設定をカスタマーが設定できるようにします。 Linux
QCCR1D170836/170840 ゲートウェイがセグメンテーションフォルトでクラッシュする。 Linux
QCCR1D172459/172559 内部PACスレッドのタイムアウト値を設定するための設定可能なパラメーターを追加します。 Linux
QCCR1D182548/182549 制限付きのリモートゲートウェイピアからのゼロリンクLSAにより、ローカルゲートウェイピアでセグメンテーションフォルトが発生する。 依存しない
Global File System (Spoke)
QCCR1D171803/171861 Linuxサーバーに接続されたリモートターミナルで、初回ログオン時にHomeフォルダーを作成できない。 Linux
QCCR1D176048/176050 複数あるWindowsサーバーの1つの監査時に、次のデータ変換例外エラーが発生する。

Caused by: com.opsware.cfl.util.DataConversionException:Invalid JSON from server module.
at com.opsware.cfl.util.JSONToCFL.next(JSONToCFL.java:160)
...
Caused by: org.apache.noggit.NoggitException: invalid hex digit: char=\,position=1844
at org.apache.noggit.JSONParser.err(JSONParser.java:226)
...
監査はスナップショットベースで、いくつかのWindowsレジストリルールとローカルセキュリティ設定ルールが含まれます。
Linux
QCCR1D182344/182345 SAデバイス作成ロジックで、os_version列がNullのままになることがあり、OGFSでEIOエラーが発生する。 依存しない
QCCR1D182454/182457 ttlgがfatal()関数でコアダンプする。 依存しない
インストーラー
QCCR1D176904/176904 次のエラーが原因で、セカンダリの10.00コアから10.10へのアップグレードを完了できない。
[>>>>Upgrading component Software Repository - Content (install once per mesh).
......WARNING: an error was detected while running an external command or script.
The output follows:
Verifying OCC available: FAILURE (Certificate file /var/opt/opsware/crypto/word_uploads/wordbot.srv does not exist)
Linux
ジョブ
QCCR1D165832/168765 OGFSスクリプトのエラー: 存在しないフィールド ([token]) + リモートからのエラー (1691) Linux
QCCR1D170782/170784 修復ジョブが完了したが、詳細が不足しており、一部のターゲットに対するアクションが実行されていない。 Linux
SAライブラリ
QCCR1D129781/170793 SAクライアントのパフォーマンスが低下する。 依存しない
SAクライアント
QCCR1D168719/168720 パッケージスクリプトの編集時に、PackagePropertiesPanelの検証がアグレッシブすぎて非効率的である。 依存しない
ソフトウェア管理
QCCR1D165594/172126 ソフトウェアのプロビジョニングのカスタム属性がドキュメントに記載されていない。

解決策: SA RPMリポジトリの情報が、『ユーザーガイド: ソフトウェア管理』に追加されました。

依存しない
OGFS/OGSH (Hub)
QCCR1D167608/168532 OOからSAのOGSHコマンドの実行に失敗する。 Linux
OSプロビジョニング
QCCR1D165440/168329

AMD CPUを搭載したG7/Gen8サーバーにインストールできない。

解決策:新しいカスタム属性のpxe_boot_argumentsが導入されました。この属性をサーバーレコードに設定して、Linuxビルド計画のサービスOS用のカーネル引数を設定できます。これにより、'noacpi'などのカスタマイズした引数を渡すことができます。管理対象ブートクライアントで実行できます。

Linux
QCCR1D175867/176097 getNodeListByNameメソッドがUnattendParserクラスに存在しない。 依存しない
QCCR1D176374/176381 linux/buildserver.py::getBootPartitionで、"/dev/cciss/c<x>d<y>p<z>"パーティションノードのディスクノードが識別できない。 依存しない
QCCR1D176701/176702 アップグレードまたはCBTのインポート後に、SA 10 OSBPコンテンツによって古いSA 9.1xビルド計画が破損される。 Linux
QCCR1D177263 Windows OSBPを実行すると、"Reboot WinPE(OGFSスクリプト)"のステップで停滞するために、ビルド計画の作成に2.5時間かかる場合がある。 依存しない
QCCR1D184063/184168 MBCの自動プロビジョニングのルール構成は、同時に実行すると、ORA-00060デッドロックを発生させる場合がある。 依存しない

目次に戻る

QCCR1D 症状/説明 プラットフォーム
パッチ管理
QCCR1D166319/170006 catalog/INDEXファイルで、machine_typeを設定せずにデポファイルをインポートすると、「無効なデポファイル」エラーが発生する。 Linux
QCCR1D174155/174159 AIXの依存関係ソルバーで、満たされていない依存関係が見逃される。 AIX
QCCR1D174991/176754 SAクライアント: 多数のサーバーを選択すると、修復ダイアログが表示されるまでに大きな遅延が発生する。 Windows
QCCR1D175648/175650 修復をスケジュールすると、「ソフトウェア修復ジョブの引数に無効な値'null'が設定されています」というエラーが発生する。 Linux
QCCR1D176141/176143 SAクライアントで、パッチコンプライアンスのエクスポートに時間がかかる。 Windows
QCCR1D177309/177311 タイムアウトの問題が原因で、Windowsのパッチコンプライアンススキャンがエラーになる。 Linux
QCCR1D179631/179633 いくつかのパッケージが循環依存関係にあるために、パッチ適用時にAIXシステムの速度が低下し、停止する。 Linux
QCCR1D181231/182797 KB2862330のように、再起動が2回必要なパッチのインストール後に、修復がエラーになる場合がある。 Linux
QCCR1D183881 SolarisパッチをOracleからインポートできない。solpatch_importツールを実行しようとすると、以下のようなエラーが表示される。

Encountered error when downloading file at URL 'https://getupdates.oracle.com/all_unsigned/118367-04.zip':(47) Maximum (10) redirects followed (error code 47)
依存しない
QCCR1D183949/184547 パッチの情報を最初にCSVファイルにエクスポートする際に、パフォーマンスの問題が発生する。 Windows
スクリプトバックエンド
QCCR1D174984/176746 SA 9.0xエージェント (50.0.0.0より前) で、SAコア管理対象のWindowsサーバー上でBATスクリプトとVBSスクリプトを実行できるようにします。 依存しない
サーバー管理
QCCR1D184566/184590 APP_INSTALLERタイプのユニットの各種スクリプトに、同じタイムアウトに従わないものがある。 依存しない
ソフトウェア管理
QCCR1D79147 実行可能ファイル (.sh): パラメーターのインストール/アンインストールで、ユーザーが"$EXE_FULL_NAME"と入力する必要はありません。 依存しない
QCCR1D144785/169908 ZIPファイルのソフトウェアポリシーをインストールできない。 依存しない
QCCR1D164624/183620 インストールされたポリシーアイテムが使用できない。 Linux
QCCR1D165183/167473 修復データ構造に重複した情報が多く含まれるため、適切に拡張できない。 依存しない
QCCR1D165745/167458 opsware.swprov.doerのCAクエリはデフォルトで無効にする必要があります。 依存しない
QCCR1D167731/169071 RHNチャンネルをスナップショットするための効率的な方法が必要です。 RHEL
QCCR1D168231/168526 ピアキャッシュ機能が追加されると、stage_blobのOPSWpackage_path CAで後戻りが発生する。 Linux
QCCR1D168451/168453 応答ファイルがあるSolarisパッケージのインストールがエラーになる。 Solaris
QCCR1D170040/172290 SoftwarePolicyService.startRemediateNowメソッドで、正常にインストールできない。 Linux
QCCR1D177166/183628 5分のタイムアウトの後で、プレビューモードがエラーになり、次のメッセージが表示される。Non-zero exit code (None) from dependency solver Linux
QCCR1D177995/179374 unzipコマンドで、ステータス256が返される。一部のファイルが存在しない可能性がある。 Linux
QCCR1D180436/180439 RPM修復ジョブのDoerサブセッションがrebuild_to_listで停止する。 依存しない

目次に戻る

QCCR1D 症状/説明 プラットフォーム
ソフトウェアリポジトリ (Word)
QCCR1D100672 "wordcache"の負荷が分散されておらず、「サービス使用不可」エラーが表示される。 依存しない
Webサービスデータアクセスエンジン
QCCR1D165592/165593 継承したカスタム属性のアクセスを適切に拡張できない。 依存しない
QCCR1D167739/167740 監査実行時に、getServerVOのアクセス権がエスカレートされない。 依存しない
QCCR1D176828/176836 HP SAクライアントライブラリ内でのOSビルド計画のコピー&ペースト処理で、カスタム属性がコピーされない。 依存しない
QCCR1D179528/179529 ComplianceScanHelper.01のSQLクエリが、デバイスグループが大きい場合に非効率的である。 依存しない

目次に戻る


ドキュメント情報

ここでは、本リリースのドキュメント情報について説明します。

ドキュメントに関する更新内容

ここでは、新しいドキュメントと、ドキュメントの主な変更について説明します。

最新ドキュメントへ簡単にアクセス

本リリースのServer Automationの最新ドキュメントはすべて新しいSA 10.x Documentation Libraryから入手できます。

http://support.openview.hp.com/selfsolve/document/KM00417675/binary/SA_10_docLibrary.html

SA Documentation Libraryを使用して、本リリースに関するガイド、リリースノート、サポートマトリクス、ホワイトペーパーを参照でき、フルドキュメントのセットを一括でダウンロードできます。SA Documentation Libraryは、リリースノートの更新時と新しいホワイトペーパーの公開時に、リリースごとに更新されます。

SAクライアントヘルプの [ヘルプセンターへようこそ] ページに、SA Documentation Libraryへの直接リンクがあります。SAクライアントのメニューで、[ヘルプ] > [目次、索引、検索] を選択します。

情報リソースの検索方法

ここでは、各製品の技術情報リソースの一覧を示します。

掲載されている製品の情報リソースへアクセスするには、次のいずれかの方法を使用します。

個々のドキュメントのアクセス方法

  1. SA 10.x Documentation Libraryにアクセスします。
    :SAクライアントヘルプの [ヘルプセンターへようこそ] ページに、SA Documentation Libraryへの直接リンクがあります。SAクライアントのメニューで、[ヘルプ] > [目次、索引、検索] を選択します。
  2. HP Passportの資格情報を使ってログインします。
  3. 探しているドキュメントのタイトルとバージョンに移動し、[go] をクリックします。

ローカルディレクトリにあるドキュメントの完全なセットの使用方法

  1. ドキュメントのフルセットをローカルディレクトリにダウンロードするには、次の手順を実行します。
    1. SA 10.x Documentation Libraryにアクセスします。
    2. HP Passportの資格情報を使ってログインします。
    3. SA 10.1バージョンの [All Manuals Download] タイトルを探します。
    4. [go] リンクをクリックして、ローカルディレクトリにZIPファイルをダウンロードします。
    5. ファイルを解凍します。
  2. ローカルディレクトリ内のドキュメントを探すには、ドキュメントカタログ (docCatalog.html) を使用します。ローカルディレクトリにダウンロードしたドキュメントの索引ポータルが表示されます。
  3. ドキュメントセット内のすべてのドキュメントを対象としてキーワードを検索するには、次の手順を実行します。
    1. ローカルディレクトリ内の任意のPDFドキュメントを開きます。
    2. [編集] > [高度な検索] を選択します (または Shift+Ctrl+Fキー)。
    3. [以下の場所にあるすべてのPDF文書] オプションを選択し、ローカルディレクトリを指定します。
    4. キーワードを入力し、[検索] をクリックします。

HPソフトウェアドキュメントポータルでのドキュメントの検索方法

  1. http://support.openview.hp.com/selfsolve/manualsにアクセスします。
  2. HP Passportの資格情報を使ってログインします。ドキュメントカタログ (docCatalog.html) を解凍したドキュメントディレクトリのポータルとして使用します。
  3. 選択条件を入力します。製品、製品バージョン、オペレーティングシステム、オプションのキーワード、語句などを入力できます。
  4. [選択] をクリックします。
  5. 選択した製品のリリースで利用可能なすべてのドキュメントと、使用できるダウンロード用リンクが一覧表示されます。
  6. ドキュメントのリストから対象のドキュメントを特定します。

: 以前のパッチでリリースされたガイドやホワイトペーパーの一部が、本リリースと関係している場合があります。適切な製品サポートサービスをお申し込みいただいたお客様は、更新版または最新版をご入手いただけます。詳細は、HPの営業担当にお問い合わせください。ガイドのタイトルページに記載されているドキュメントリリース日を確認し、通常、3ページ目にある「ドキュメントの更新情報」で、改訂内容のリストを確認してください。リリースノートの変更に関する表は、このドキュメントの下部に記載されています。

目次に戻る


HPソフトウェアサポート

このサイトでは、HPのお客様窓口のほか、HPソフトウェアが提供する製品、サービス、およびサポートに関する詳細情報をご覧いただけます。詳細については、HPサポートのWebサイトHPソフトウェアサポートオンラインを参照してください。

HPソフトウェアサポートではセルフソルブ機能を提供しています。お客様のビジネスを管理するのに必要な対話型の技術サポートツールに、素早く効率的にアクセスできます。

このWebサイトでは、次のようなことができます。

セルフソルブ技術情報データベースにアクセスするには、セルフソルブ技術情報検索のホームページにアクセスしてください。注:一部のサポートを除き、サポートのご利用には、HP Passportユーザーとしてご登録の上、サインインしていただく必要があります。また、多くのサポートのご利用には、アクティブなサポート契約が必要です。サポートのアクセスレベルの詳細については、アクセスレベルにアクセスしてください。HP Passport IDを登録するには、HP Passportの登録にアクセスしてください。



ご注意

保証

HP製品、またはサービスの保証は、当該製品、およびサービスに付随する明示的な保証文によってのみ規定されるものとします。ここでの記載で追加保証を意図するものは一切ありません。ここに含まれる技術的、編集上の誤り、または欠如について、HPはいかなる責任も負いません。ここに記載する情報は、予告なしに変更されることがあります。

権利の制限

機密性のあるコンピューターソフトウェアです。これらを所有、使用、または複製するには、HPからの有効な使用許諾が必要です。商用コンピューターソフトウェア、コンピューターソフトウェアに関する文書類、および商用アイテムの技術データは、FAR12.211および12.212の規定に従い、ベンダーの標準商用ライセンスに基づいて米国政府に使用許諾が付与されます。

著作権について

©Copyright 2000-2014 Hewlett-Packard Development Company, L.P.

商標について

Adobe®は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)の登録商標です。
Intel®およびItanium®は、Intel Coporationの米国およびその他の国における登録商標です。
Microsoft®、Windows®、およびWindows® XPは,Microsoft Corporationの米国における登録商標です。
OracleとJavaは、Oracle Corporationおよびその関連会社の登録商標です。
UNIX®は、The Open Groupの登録商標です。

リリースノートの更新

新しい発行日 変更
   
   
   

更新状況、およびご使用のドキュメントが最新版かどうかは、次のサイトで確認できます。
http://support.openview.hp.com/selfsolve/manuals (英語サイト)

このサイトを利用するには、HP Passportへの登録とサインインが必要です。または、HP Passportのサインインページの [New users - please register] リンクをクリックしてください。適切な製品サポートサービスをお申し込みいただいたお客様は、更新版または最新版をご入手いただけます。詳細は、HPの営業担当にお問い合わせください。

目次に戻る